8 / 12

【問2】(4)

だが、本気だからといって、受け入れられるものではない。 むしろ冗談か罰ゲームであってほしかった。 「……いいか、小鳥遊。俺とお前は先生と生徒だ。先生と生徒は、そういうことをしちゃいけない」 「それも関係ないです」 「関係なくない。お前、男が好きなのか? それで何か悩んだり、嫌な思いしてるんなら、話くらい聞いてやるから」 昨日言いかけたことを改めて告げると、小鳥遊は不満げに唇を尖らせた。 「俺、せんせいしか好きになったことないから、わかんないです」 「マジか」 「せんせいは、俺とじゃ嫌ですか」 だから、嫌とか嫌じゃないとかいう以前の問題なんだって。 何を言っても小鳥遊は握った手を離す気配もなく、到底引き下がってくれそうになかった。 「せんせい」 覗き込んでくる顔が心なしか近くなっていて、またキスされそうな雰囲気に、慌てて背を反らして距離を取る。 熱っぽく潤んだ瞳。女とは違う、ぎらついた光を湛えた、雄の眼だった。 「せんせいに、もっとさわりたいです」 これでは堂々巡りだ……と、途方に暮れた俺が頭を抱えかけたところで、職員室の引き戸が勢いよく開かれた。 ガラッ、というその音にあまりにも驚いて、比喩ではなく椅子から飛び上がった俺は、反射的に小鳥遊の手を振りほどく。 入ってきたのは隣の席の山本先生で、「小鳥遊、まだいたのかぁ」なんて呑気な声を掛けて寄越しながら、こちらに向かってきた。 幸いにも、動揺して狼狽える俺に気づいた様子はなく、のっそりと自分の席につき、パソコンを開く。 小鳥遊は、振り払われた手のひらを暫し見つめていたかと思うと、やがて参考書を抱えて立ち上がった。 いつもなら「二宮せんせい、ありがとうございました」と笑って帰っていくところを、ぺこりと会釈だけをして、無言で職員室をあとにする。 最後までペンを握りっぱなしだった俺の右手に、まとわりついて離れない小鳥遊の手の、火照ったような体温の記憶だけが残った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完全なる一目惚れだった。どうやって落とす?
519リアクション
10話 / 9,823文字
2019/6/15 更新
本編完結してます。友人である万里はかなりモテる。しかし何故かすぐにフラれてしまう…その理由は?
130リアクション
27話 / 24,962文字 / 72
18時間前 更新
「さぁ、私を好きだとおっしゃいなさい。そうすれば、あなたを全部奪って差し上げますから」
46リアクション
2話 / 9,166文字 / 174
2018/12/2 更新
リーマン 後輩×先輩
52リアクション
1話 / 4,097文字 / 596
2018/12/5 更新
完結
Drecksack
暴力を振るうことに抵抗の無い美形×女好きでだらしがない平凡/Wクズ/ML
126リアクション
4話 / 7,843文字 / 447
2018/12/10 更新
【R18】死にたがりの年上×大学生コンビニバイト
9リアクション
5話 / 6,877文字 / 44
2018/12/29 更新