106 / 166

11-8 アキヒコ

 争うみたいによろめいて、勝呂(すぐろ)(つばさ)のある背を壁際(かべぎわ)の、花瓶(かびん)白百合(しらゆり)の飾られたマホガニーのテーブルに押し倒させた。  それは趣味のいい家具で、上にあった花瓶(かびん)も見事なもんやったけど、勝呂(すぐろ)邪険(じゃけん)(はら)われて、あえなく細かな破片(はへん)になって、水と百合(ゆり)とを床に()らせた。 「もう時間ない、先輩。急いでやって」  泣くような声で言われて、俺は(あせ)った。  まさかここで抱けって言うてんのやないよな。それはいくらなんでも無理やで、勝呂(すぐろ)。  それとも、やれっていうのか。  やってやれないことはない。結界(けっかい)張って、そこに(かく)れて、大急ぎで一発やれって?  俺はそんなの、やりたくないわ。そういう気にならへん。  なんでやろ、お前とのキスは悪くはなかった。それでも俺は燃えへんらしい。  なんでか知らん、気持ちええけど、それでも俺はうっとりしない。毎朝目覚めて、(とおる)を抱いて、その白い(ひたい)に触れるだけの、淡いキスをするだけのほうが、お前と舌(から)めてるより、ずっと()うてる。  でもそれを言うのは、あまりに(ひど)いよな。 「無理やで、勝呂(すぐろ)。そんな気にならへん。許してくれ」 「そんなら血を吸ってください。できるんでしょ。ぷんぷん(にお)うわ、外道(げどう)(にお)いが……」  それが悪臭(あくしゅう)やと言うように、勝呂(すぐろ)(なげ)く口調で言った。  お前もちょっと前まで、外道(げどう)やったくせに。(あき)れるほど人食うて、俺を(なげ)かせたくせに。  今は俺のほうが邪悪(じゃあく)やとでも言うんか。俺は誰も殺してへんぞ。お前がやったんやないか。  その罪は、全部燃やした。そやからもう清純(せいじゅん)やって、そんなことをお前は言うんか。  俺は自分の感じてる罪を、このまま永遠に背負(せお)っていくつもりやのに。お前だけ逃げようっていうのかと、俺は胸のむかつく(せつ)なさやった。  お前ひとり、逃がしはせえへんで。俺のもんにしてやる。お前をめちゃくちゃに(けが)して、もう二度と、天には(のぼ)れんようにしてやるわ。  その時俺の胸に()いてた欲は、たぶん人外(じんがい)のものやった。  俺はすでに悪魔(サタン)一党(いっとう)で、勝呂(すぐろ)(はな)つ白い光が(うら)めしかった。  お前はいつも俺に追い(すが)ってたのに、お前まで俺を捨てて遠く高いところへ逃げていくのかと、感じた孤独(こどく)に胸を()め付けられるような気がしてた。 「やるで、勝呂(すぐろ)、ほんまにええんやな」  俺は(たず)ねた。勝呂(すぐろ)はそれに、必死で(うなず)いてたわ。  たぶん、(あせ)っていたんやろ。 「ああ……早うしてください。もう時間がないわ」  どうやって血を吸うか。それは理屈(りくつ)やない。  天使にも血が流れているか、俺はそんなことを考えたことはない。  たぶん血は関係ないんやろ。俺は病原体(びょうげんたい)みたいなもんやねん。  (よこしま)(へび)眷属(けんぞく)に、()まれて(けが)れを(うつ)される。それだけで天使は()ちると、そういうことなんや。  ()してその(きば)を受けて、(こら)えがたい愉悦(ゆえつ)(あえ)ぐんやったら尚更(なおさら)や。  勝呂(すぐろ)(いま)だに首輪(くびわ)をしてた。銀色の(びょう)のある黒革(くろかわ)を、自分でも(おどろ)く力で引きちぎり、俺は勝呂(すぐろ)の首にある血の道をさらけ出させた。  そして、美味そうやと思わず舌の(おど)るようなその動脈(どうみゃく)に、俺は遠慮(えんりょ)なく自分の(きば)()()した。  こいつは俺のもんなんやと、俺はその時思ってた。  ほんとはずっと、そう思ってた。俺が手を出さへんかっただけで、お前はずっとそうやったやろ。俺にこうしてもらうのを、(せつ)なくずっと待ってたんやろ。  その問いかけに(こた)える甘さで、勝呂(すぐろ)()()り、(するど)(あえ)いだ。心を満たす音やった。  (ふる)える指が、俺の背をまた(つか)んだ。 「死にそう……先輩。抱いて、欲しい」  それがただ抱くだけの意味ではないことは、俺には分かってたけど、そこまでやってやる気は俺にはなかった。  なんでやろ。ほんま言うたら俺は少々欲情(よくじょう)してた。誰かとやりたいって、そういう気分でいたんやけどな、頭に浮かんでくるのが全部、(とおる)の顔やった。  勝呂(すぐろ)をその代用にするのは、俺は(いや)やってん。それでもええって、こいつは言うけど、それやとあまりに鬼畜(きちく)やわ。俺はそこまで()ちたくないんや。  (きば)穿(うが)たれた傷から流れ出る、血なのか何なのか分からんような甘い(したた)りを、俺が(むさぼ)る舌で()めてると、勝呂(すぐろ)(もだ)えて、俺に割られた足を切なそうに(から)めてきた。  こいつはどんな顔して(あえ)ぐんやろって、ちょっと思ったことはある。  それでも、その時、顔は見えへんかった。見たらあかんという気もしてん。  見たらきっと、俺は勝呂(すぐろ)(とおる)と比べてしまうやろ。ここが違う、ここも違う、(とおる)はもっとこんな感じで、俺はそれが好きやったって、きっと思うてしまうんや。 「やっぱり(へび)がええんか、先輩。俺やと全然燃えへんか」 「そんなことない、()ってるで」  苦悶(くもん)する声で()勝呂(すぐろ)に、俺は顔を上げ、何かに()れた自分の(くちびる)を、舌で()めとりながら教えてやった。 「俺が欲しいって言うてください」 「お前が欲しい。俺の(しき)になれ。ずっと永遠に俺に(つか)えろ」  求めに(こた)える自分の声が、びっくりするぐらい冷たくて、俺は(あせ)った。  それが自分の本音(ほんね)かと、血の中にある冷酷(れいこく)さみたいなのを感じてもうて。 「愛してくれへんのですか」  俺を見つめて()きながら、勝呂(すぐろ)は泣いてた。片方の目から一滴(ひとしずく)だけ、輝くような透明(とうめい)な涙が流れ、窓からの陽光に産毛(うぶげ)()かす白い(ほほ)に、ゆっくりと線を引いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!