420 / 433

23-37 アキヒコ

(やさ)しいなあ、本間(ほんま)先生は。(やさ)しいついでに、もういっぺんだけ、キスしてくれへんか。キスだけやしな。俺はあいつに、言い(わす)れたことがあった。ずっと気になってんねん。お前が代わりに、聞いといてくれへんか」  あかんて言われへんやんか。すみませんが、それはちょっと。水地(みずち)(とおる)がいますんで、なんて。  ごめんごめんて、心の中で水地(みずち)(とおる)大明神(だいみょうじん)を、平身低頭(へいしんていとう)(おが)(たお)してはいたよ。  堪忍(かんにん)してくれ。ここで(いや)やて言えるほど、俺は鬼やない。おとんにそこまで似てないらしい。  というか、むしろ、やる気まんまん?  なんも答えへん、ほとんど硬直(こうちょく)してるような俺の目を、(おぼろ)は様子をうかがうような、心を()かし見る目で、じいっと見つめた。長い睫毛(まつげ)のある目の奥に、昨夜(ゆうべ)は無かった、かすかな(おび)えのようなもんを、俺は見つけた。  なにを(おぼろ)(おび)えてたんやろう。俺の何が(こわ)かったんや。  そうっと()れた俺の(ほほ)が、熱いかどうか(さぐ)るような、用心深(ようじんぶか)指先(ゆびさき)やった。  ()れたその手を(つか)まえて、俺は目の前で躊躇(ためら)うふうな痩身(そうしん)を、抱き()せてキスをした。  おとんはどんなふうに、やったんやろかと思ったけど、そんなん俺に分かるわけない。  どうせ下手(へた)なんやろう、俺は。(おぼろ)に言わせりゃ、あかんあかん先生、下手(へた)やなあ、なんやろう。  でも、贅沢(ぜいたく)言わんといてくれ。俺はほんまは、おとんやない。俺も秋津(あきつ)暁彦(あきひこ)様やけど、おとんとは別人(べつじん)やねん。  俺がおとんと全然()てへんと言うたやつは、(おぼろ)が初めてやないやろか。  皆、()てる()てる、そっくりやって言うねん。  だけど、おとんに抱いて欲しい(やつ)にとっては、俺がおとんと違うとこばっかり、気に食わんで仕方(しかた)ないんやろ。  ヘタレやなあジュニアはと、こいつも思うんや。俺と最初に()うた(ころ)水煙(すいえん)様とおんなじで。  背を引きつけて舌を(から)めると、(おぼろ)は少し(あご)上げて、かすかに(あえ)ぐような息使いやった。  きっと、俺のおとんとキスしてんのやろ。それでもええねん。ちょっとでも、幸せな気分になってくれたら、それでええしな。  さっきみたいなのは、(こわ)すぎるから。(うそ)でも幸せになってほしい。ほんのちょっとの間でも。  息がきれてもうて、俺が(くちびる)(はな)すと、(おぼろ)(おぼ)れたような(あら)い息やった。  そして俺を見ている目は、なんとなく、正気(しょうき)でないようやった。 「暁彦(あきひこ)様……」  俺に言うてる(わけ)やない。そう思うけど、なんでかそれが、ちくりと痛いような気がした。 「好きや……好きや。一緒に行って、俺と幸せになってくれ。お前が()いひん世界では、俺は生きていかれへん……()てんといてくれ……」  (むね)苦しいんか、(おぼろ)心臓(しんぞう)のある、貸した俺のシャツを着た左胸のあたりを、長い指で(つか)んでいた。  目を()せて苦悶(くもん)するような顔なのが、ほんまにつらそうで、物の(たと)えやない、ほんまに心臓痛いんやないかと俺は心配になった。 「()てんのやったら、殺してってくれればええのに。俺は悪い鬼やったやろ?」  俺に(すが)り付くような目を、(おぼろ)はしていた。  でも、それは俺に(すが)り付いてる(わけ)やない。そうやと思う。  なんでやろう。そのはずやのに、俺を見ているような気がする。俺は今、誰なんやろう。  ふと自分が、自分やのうて、昔生きてた秋津(あきつ)(ぼん)のような気がしたわ。  そうやったらええのにと、俺は思ったんやろ。 「殺してくれ……先生。暁彦(あきひこ)様の代わりに、お前がやって」  もっと強く抱いてほしいみたいに、(おぼろ)は俺の胸に(ほほ)()り寄せてきた。  俺はその()を、もっと強く抱いた。  強い抱擁(ほうよう)に、(おぼろ)が熱いため息をついていた。  その息が白く(こご)って、月を(おぼろ)(かす)ませる、ぼんやりとした(もら)が見えそうなほど、はっきり聞こえる(せつ)ない息遣(いきづか)いやった。 「あかん。お前を()るのは無理や。悪い鬼やないよ。俺のこと助けてくれたやろ? おとんのことも、信太(しんた)のことも、助けてやったんやろ。船で結婚式(けっこんしき)してた人らも、助けてやったんやんか。なんで助けたんや、悪い鬼なんやったら」  俺が(たず)ねると、(おぼろ)は俺の指に(みだ)された(かみ)のまま、ぼんやりと顔をあげて、見つめてきた。ぼけっと(やす)らいだような顔やった。 「死んだら(みじ)めやと思って……せっかくゴールインやのにさ……新婚旅行、ベガスに行くって言うてたし。()り込んでビジネスクラスの席()うた言うてたし……それで死んだらアホやなと思って」  そんな世知辛(せちがら)いこと思うてたんか、お前。想像を(ぜっ)してた。 「俺も行きたかった、暁彦(あきひこ)様と……どこでもええから。どこか二人で……」  (せつ)なそうに言う(おぼろ)は、(つか)れたふうな顔やった。  皆ヘトヘトや、水煙(すいえん)(おぼろ)も。悪い不実(ふじつ)(ぼん)のせいで。 「そんなん俺が()れていってやるやん、どこでも一緒に行ってやるから!」  いつもは(りん)として綺麗(きれい)()びてた背中が、今はぐんにゃり(あわ)れっぽいのが()(がた)く、俺はそれをまた抱きしめて、思いつくまま言うてやった。 「先生は明後日(あさって)(へび)心中(しんじゅう)やのに……? 変やないか、それ?」  論破(ろんぱ)したらあかんやんか。適当(てきとう)でええんとちゃうの。  (あせ)出るやんか、俺も。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

喫茶店のオーナーとアルバイトの恋
22リアクション
1話 / 8,698文字 / 76
2018/10/31 更新
※ずる賢い高校生×平凡鈍感美術教師。
16リアクション
1話 / 16,152文字 / 0
2/8 更新
完結
雑貨屋店主・胤と薬種屋店主・剤に丸薬を飲ませてどちらがエロいのか実験する短編。
42リアクション
15話 / 13,566文字 / 0
4/1 更新
優秀賞 「セリフ縛り」BL小説コンテスト
不器用で下手だからこそ重なった瞬間に綺麗な音色を奏でる――それが恋!
459リアクション
2話 / 10,000文字 / 60
2/10 更新
会社社長と天然バイト青年?=陰陽師当主と元神様のお話です。
31リアクション
27話 / 80,000文字 / 0
3/29 更新
連載中
翡翠
悲劇的運命にあった青年、翡翠。彼が本当の愛を見つけるまでのストーリー
11話 / 34,458文字 / 0
17時間前 更新