3.密告者

 オメガは稀少だ。  アルファと呼ばれる絶対権力者の寵愛を受けられ、あらゆるモノの子を産む「神の力」も持っている。  凄絶な嫉妬と羨望の的になるのは当然だ。  理由は様々だが、オメガを捕らえ、権力者や敵に捧げるヒューマンは後を絶たない。  あぁ、ここにも、ひとり。  銀のオメガを闇の領主に捧げようとするヒューマンがいる。  彼女の望みは命と永遠の若さと美しさ。    夜になれば闇が襲い来る。  その時までに、彼女は「涙」「哀願」「情」いう武器を駆使するのだった。
作者
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

運命なんて嘘つきだ
    • 連載中/0話/0文字
    • 3月13日
    完結
    αに懐妊を報告しに行くが「誰の子だ」と言われ、咄嗟に幼馴染の名前を出し嘘を吐くΩだったが……
    • 17
    • 74
    • 47
    • 完結済/10話/6,999文字
    • 4月6日
    完結
    α目線で、最終章になります。
    • 3
    • 2
    • 完結済/4話/3,788文字
    • 4月12日
    いつか、本当に好きな人と出逢って、恋に落ちて。それから幸せになる。それが、夢だった。
      • 連載中/0話/0文字
      完結
      Ωの教師がαの男にお仕置きされる
      • 14
      • 35
      • 19
      • 完結済/7話/6,888文字
      • 5月9日