4 / 7

3.密告者

 オメガは稀少だ。  アルファと呼ばれる絶対権力者の寵愛を受けられ、あらゆるモノの子を産む「神の力」も持っている。  凄絶な嫉妬と羨望の的になるのは当然だ。  理由は様々だが、オメガを捕らえ、権力者や敵に捧げるヒューマンは後を絶たない。  あぁ、ここにも、ひとり。  銀のオメガを闇の領主に捧げようとするヒューマンがいる。  彼女の望みは命と永遠の若さと美しさ。    夜になれば闇が襲い来る。  その時までに、彼女は「涙」「哀願」「情」いう武器を駆使するのだった。
作者
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
この出逢いは運命のはずなのに
  • 63
  • 30
  • 3
  • 71
  • 完結済/14話/6,817文字/179
  • 3月18日
完結
同僚で同期、エリートオメガの巣作り話
  • 7
  • 1
  • 3
  • 9
  • 完結済/6話/6,331文字/15
  • 5月16日
完結
βの男が、愛するΩにできること、とは。
  • 2
  • 2
  • 2
  • 完結済/5話/7,000文字/0
  • 4月17日
完結
「今日で番解消な」溺愛α × 生意気一途Ω は最近すれ違い気味で……?
  • 1
  • 68
  • 51
  • 6
  • 79
  • 完結済/10話/6,939文字/85
  • 4月27日
完結
放課後、校門の前に止まった高級外車の運転席から手を振っているのは、二週間前、俺を『買った』人だった。
  • 6
  • 4
  • 1
  • 2
  • 完結済/1話/6,540文字/0
  • 4月23日
完結
本能に抗えない。秘めた想いが今、発情期と共に動き出す。
  • 19
  • 6
  • 23
  • 12
  • 完結済/3話/6,997文字/109
  • 4月28日