「雪」BL小説コンテスト

応募受付期間 : 2019/12/02 12:00 ~ 2020/01/19 23:59

応募作品一覧

雪を知らない恋人に、真っ白なプレゼントを。
2リアクション
9話 / 19,401文字 / 20
1/19 更新
完結
白い日
その日は、何故だか朝から『白』の日だった。
95リアクション
5話 / 3,842文字 / 60
1/19 更新
完結
雪虫
熱に浮かされる夜、彼はフワリとやってくる
261リアクション
6話 / 3,824文字 / 80
1/19 更新
完結
雪の朝
高校生の一晴が恋人の柊太郎の家で目を覚ますと、外は一面の雪だった。
1話 / 7,374文字 / 0
1/19 更新
雨が降れば雨男、雪が降ったら……
29リアクション
7話 / 9,921文字 / 18
1/19 更新
マッチ売りの少年が、いろいろひどい目にあったあげく、成長し、大人になり、救われるかもしれない話。
3リアクション
31話 / 16,033文字 / 0
1/19 更新
23リアクション
1話 / 5,475文字 / 40
1/19 更新
チンピラ→チンピラ。不遜と傲慢と共に生きていた若さのツケは、地球が滅ぶその日まで続くのだろう。
63リアクション
6話 / 9,964文字 / 40
1/21 更新
見知らぬ男に触れられる君に高揚感を得た俺は歪んでいる…(雪コンテスト参加作品です)
2,357リアクション
16話 / 15,230文字 / 290
1/20 更新
深夜。突然我が家のドアが殴られた。
17リアクション
4話 / 5,605文字 / 0
4/1 更新
完結
imitation
偽物の関係でも幸せだった。
53リアクション
6話 / 4,291文字 / 20
3/6 更新
113リアクション
6話 / 4,838文字 / 12
1/19 更新
ヤンキーの舎弟・香井と御曹司の執事・折笠と1本の傘の短編。
最優秀賞 「雪」BL小説コンテスト
――その後ろ姿を見た時、心臓が止まるかと思った。
2,566リアクション
26話 / 17,363文字 / 311
1/18 更新
上杉景勝に愛された半陰陽の次のお話しを史実に基づき自分なりの解釈で綴りました
352リアクション
8話 / 5,573文字 / 72
1/19 更新
雪が降る、春を売る
24リアクション
7話 / 10,614文字 / 18
1/18 更新
この愛は、一夜限りか永遠か。
34リアクション
12話 / 5,530文字 / 0
1/15 更新
この想いはバレてはいけない。俺たちは友人同士なのだから。
3リアクション
18話 / 44,025文字 / 20
1/17 更新
墓参りで死んだ友人を思い出す話
9リアクション
1話 / 3,021文字 / 0
1/15 更新
「私は雪の精霊に呪われているのです」旅人が出会ったのは…雪女?
161リアクション
8話 / 10,401文字 / 20
1/19 更新

開催中のコンテスト