人生を諦めていたおじさん小説家が恋した相手は二十代の青年で二重人格だった。
1リアクション
54話 / 119,224文字 / 0
2023/12/6 更新
「……うち、来る?」そう言ったのが運のつきだった。こんなに振り回されるなんて。
652リアクション
51話 / 97,354文字 / 20
2023/11/30 更新
常識と敷かれていくレール。そこから決して逸れてはいけない。己へ言い聞かせる充へ降りそそぐ雨。
45リアクション
9話 / 8,659文字 / 57
2019/7/3 更新