タグ「襲い受け」が付いた小説

口の悪い男前が同窓会でヘタレ幼馴染と再会して殺伐としながらもえっちします
3リアクション
1話 / 17,381文字 / 0
9/18 更新
ML/年下攻め/年の差/襲い受け 仕事以外はダメダメな天然課長が暴走するオフィス・ラブコメディー 
7リアクション
31話 / 18,344文字 / 0
8/28 更新
HQ!! 日向と月島、襲い受けの話。
4リアクション
1話 / 5,683文字 / 0
8/15 更新
ルームメイトが実はインキュバスだとか、俺は聞いてないっ!!
35リアクション
7話 / 7,769文字 / 0
8/7 更新
バンド、ヴォワ・ラクテのレンとルキが破局して20年。二人の息子は運命の番だった!?
3リアクション
23話 / 35,000文字 / 0
8/6 更新
天然ゆるふわ絶倫(27)×爽やかイケメン(21)で睡眠姦(泥酔ver.)やってみた。
19リアクション
9話 / 10,012文字 / 0
7/26 更新
兄さん、今日こそは俺のものになってよ
215リアクション
32話 / 20,302文字 / 0
7/4 更新
ドMな先輩×ドSな後輩のSMライフ。大人向けのエンターテイメントBL小説です。
463リアクション
9話 / 20,645文字 / 0
6/21 更新
(ちょっと変態)イケメン御曹司(28)× 訳ありタクシードライバー(31)/襲い受け/エロ控えめ
648リアクション
46話 / 80,190文字 / 20
6/18 更新
泣いちゃう系吸血鬼×歌って踊れる雪の精【※シリアス風味のラブコメ】
40リアクション
7話 / 7,452文字 / 0
4/18 更新
えっちはしたい!でも女は嫌いだ!悩めるイケメンとメンクイ先輩の不純なラブコメ
151リアクション
34話 / 60,723文字 / 0
3/30 更新
奏太を追いかけて東京本社に転勤した縁だったが、営業の環に目をつけられて……。俺様攻め×襲い受け
30リアクション
28話 / 37,866文字 / 0
3/17 更新
篠岡は、理想のおっぱいを見つけた。
4リアクション
7話 / 19,693文字 / 20
1/8 更新
えっちなこと、しよ?
2話 / 4,328文字 / 0
1/4 更新
紳士的な19歳抽象画家×身体だけの関係を繰り返す28歳パティシエ
46リアクション
7話 / 31,828文字 / 40
2019/12/31 更新
襲われてるのに、入れろってどう言うこと?
35リアクション
1話 / 3,472文字 / 20
2019/12/27 更新
恋人に愛想を尽かされた大学生の行く末は…
201リアクション
4話 / 5,214文字 / 92
2019/12/24 更新
最強受けのマジュに瑪瑙が本当に奪われたいのは…
11リアクション
2話 / 3,734文字 / 0
2019/12/3 更新
高身長ヘタレおかん×素直になれないクール美人
25リアクション
25話 / 46,630文字 / 20
2019/12/2 更新
剃毛天使ガブリエル番外編「ウサギさんのぼく、かわいい?」
391リアクション
6話 / 7,876文字 / 80
2019/11/27 更新

新着ユーザー企画

《連載ご一緒にいかがですか?2020~秋ノ期~》参加後、最低2回更新すればOKのご執筆応援企画🍁

■企画概要をご覧頂き有難うございます主催の化景 吉猫(カケイ キツネコ)でございます本企画は、「あなたも季節連載やってみませんか?」という主旨の 連載体験&ご執筆応援 企画 ...

48作品 あと34日

【主人公攻め】作品を満喫しよう!

はじめまして、千の一と申します。主人公が受けという作品は多いけれど、主人公が攻めの作品はそれほど多くないように思います。そこで、主人公攻めがお好きな方はもちろん、普段はあまり主人公攻...

53作品 あと4日

新着レビュー

幼子が最愛の人を奪われ、過ごすこととなる激動の日々(コメント欄へ続く)
【物語は】 主人公がある理由により、義兄にマンチェスターへ連れてこられたことより始まる。そこで出逢った女性こそ、主人公の人生を左右することとなる。一部では、義兄よりその女性へ、主人公が何故にここへ来ることとなったのか、その境遇が語られその後の人生は、二部により、恋人との会話によって語られていくこととなる。母が確かに望んで産んだ子供であり、愛されたものの、他の大人たちによって母子は引き裂かれ、幼子は受けるはずだった母からの愛情を受けることなく、成長していく。涙なしには読むことの出来ない作品である。 【早熟な精神】 幼いながらに、必死で母を守ろうとした主人公は子供ながらに、子供とは思えないほどの頑なさを秘めていた。本来なら、のびのびすくすく育つであろう年ごろに、自由を奪われる。大好きな母に会うことすら出来ない日々。義兄は後から後悔することになるのだが、二人を守りたいと願いながらも、段々と自分の事情で手一杯となっていく。しかし、誰が彼を責めることが出来るであろうか。親であるはずの父は何もせず、その身勝手さに、憤りを感じぜずにはいられないであろう。 【物語の構成】 一部では、女性と兄の会話で、境遇を語ることに案るのだが、気づけば物語に深く入り込んでおり、二人の会話からいつの間にか回想へ入っていく様がとても滑らかで、まるで目の前で見ているような錯覚すら起こす。文化的などもとても詳しく書かれており、(例えば服など)今自分が日本にいることを忘れるほどに、トリップすることが出来る作品だ。 【それぞれの愛の在り方】 この物語には、様々な愛のカタチがある。恋人同士の求め合うようなものもあれば、母が子を一心に守ろうとするような自己犠牲の愛、許されない関係もあるし、冷めきったもの、無関心なものなど。それが複雑に絡み合い、主人公の人生を波乱に巻き込んでいく。信じられるものは本当に自分のプラスになるような人間だけ。周りは敵だらけという境遇で育った主人公に恋人がいたことをし、ホッとしたりもする。

fujossy運営ブログ