79 / 89

女の子じゃない

 俺だって馬鹿じゃねえか、と能天気だった自分にも苛立ち、前髪をぐしゃりと乱して頭を掻く。  薬局の袋を引ったくり、ドタドタと怒りに任せて部屋から出て行こうとすると、兼嗣が後ろから手首を掴んできて、足が止まる。 「……女の子じゃない」 「……は?」 「女の子じゃないんだよ、相手」 「はあ?! どっちにしろ同じことだろっ! 離せっ、今はお前の顔見たくねえ! 朝日に用あるんだよ、俺は!」  そのままの勢いで腕を振り払うと、兼嗣は冷や水でも浴びたように目を丸くしていて。 「……え、なんで?」 「だからっ、朝日が倒れたから、これ持って行くんだろっ、うぉおっ?!」 「どういうこと……っ?!」  突然ガシッと両肩を掴まれ、その鬼気迫る様子と、身体ごと持っていかれそうな握力の強さに驚いた。  肩に指が食い込み、俺が顔を歪めて痛そうな素振りを見せると、兼嗣はごめんと謝ってすぐに手を離す。  前々からデカい犬っぽいとは思ってたけど、そんな可愛いものじゃない、かも。  同じ男なのに力の差が歴然すぎて、恐怖を覚える。プレスされるかと思った……。  やたらと朝日の容態を気にかけて、必死の形相で取り乱す兼嗣に根負けして、かいつまんでわけを話す。  するとみるみるうちに顔面蒼白になり、足早に部屋を出て行くやつに妙な違和感を覚え、眉をひそめる。  これは逆に止めたほうがいいのでは。俺は何かを忘れてるんじゃないか、って。  そうして、ふと思い至った。  兼嗣の相手は女じゃない。じゃあ無理やり奪った男って、まさか……。  そのことに気づき、急いで背中を追いかけたころには、もう手遅れだった。

ともだちにシェアしよう!