16 / 151

4章(2)

 その部屋は、最初の印象通りで、普通の生活が送られている、人の匂いがする部屋だった。 「その椅子にかけて」  そう言われ、キッチンにある四人がけのダイニングテーブルに躊躇いつつも腰掛ける。  夏木に「シュウ」と呼ばれていた男は、キッチンで紅茶を淹れてくれたようで、マグカップを出してくれた。 「どうぞ」  そして、尚紀の目の前に座る。   「びっくりしてるよね。僕の名前は柊一。君は?」  その優しい声に、警戒感が薄れる。 「にし、なおきです」 「ナオキだね。よろしく」  そう言われても、なにをどうよろしくするのか。  そんな疑問が顔に出たのだろう。柊一は少し困ったように微笑んだ。 「聞いてない? 君はこれから僕とここで暮らすんだよ」  尚紀は驚いて柊一の顔を見返す。柊一は苦笑している。 「あー、聞いてないっぽいね。まったく。あいつは何も話してないんだね」  あいつ、とは夏木のことだろう。 「……あの、なにも言われずにここに」  柊一は肩をすくめた。 「そっか。ここは僕の家なんだ。君は彼の番でしょう。僕もなんだ」  さらりと言われた言葉に、尚紀は驚いて固まる。 「夏木……さんの、番?」 「そう。僕と君は同じアルファを分け合う仲間だね」  仲間。  その言葉に、尚紀はなんともいえない気持ちになった。  しかし、柊一はそんな気持ちには気がついていない様子。 「で、彼がここで君を引き取ってほしいって」  尚紀は俯いた。 「そ……そう、ですか。  あの、僕……」  尚紀が小さく声にすると、柊一は何かなと顔を傾けた。 「あの……、ここでお世話になるのは分かったんですが……家にも連絡してなくて……」  その、僕の携帯……と言いかけると、柊一は曖昧に笑った。 「君が持っていなければ、多分真也……夏木が持ってるんじゃないかな。自宅に電話したいんでしょう? 今度聞いてみれば?」 「いつ来るんですか?」  んー、と柊一は考えた。 「わからないね……。基本的にこちらから連絡はあまりしないんだよね。こっちが発情期なるとやってくる感じ」  発情期という言葉と実家に連絡できないという事実に、尚紀の脳内は混乱する。 「家に連絡できないって……どうしよ」  困惑がそのまま言葉に出る。  柊一は心配そうな表情を浮かべた。 「そうだよね。高校生だもんね」  自分が制服を着ていることに今更ながら気づく。 「あ、学校も……」 「ここから通う? ご両親に連絡して」  番の指示であれば、ここに住むことは反対されないと思うから、と柊一は言う。  お家に連絡したいなら、夏木に携帯返せって僕から連絡するよ、と柊一に言われて、尚紀ははたと止まった。  この状況を、自分の口で両親に連絡するのかと改めて思ったのだ。できるのか。  身から出た錆なのだから、自分がやらねば誰がやるのだ。  でも、と躊躇う。  不意に、夏木に番にされた時の絶望感が、胸の中で不意に溢れかえる。  昨日の自分と違うだけではない。   「ナオキ?」  慌てたような表情を見せる柊一の顔が、視界が、不意に緩んだ。  もう止まらない。  ポロポロと、潤んだ目から涙が落ちる。  そうだ。自分にはもう帰る家がないんだ、と尚紀は実感したのだった。  オメガとなった、アルファの番となった自分など、西家の人々は受け入れてくれないだろう。家族と認めてくれないだろう。  西家は尚紀にとって帰る場所ではなくなった。  夏木に番にされた時点で、帰る場所を失ったのだ。 「どうしても返して欲しいなら、僕から夏木に連絡するよ?」    尚紀は、首を横に振った。 「……いいです」  そう断っても、涙は止まらない。 「んぐっ……。ふぇ……ん」  柊一は、その様子に驚いていたが、それでも尚紀を優しく抱き寄せる。 「どした? そんなに携帯が心配?」  尚紀が首を横に振る。  柊一は困ったように吐息をついた様子だったが、優しくあやしながら抱き続けてくれた。尚紀の気持ちが落ち着くまで、温かい胸の中に包まれた。  柊一からは優しい香りがしていた。

ともだちにシェアしよう!