21 / 151

4章(7)

 柊一との共同生活は思いのほか、うまくいっていたが、ただ一つ困ったのは、発情期だった。  二人暮らしを始めて一ヶ月ほど経った頃。尚紀に二回目の発情期がやってきた。  その朝、尚紀は体調の変化を感じていた。風邪を引いたかな、と思う感じで身体がだるかったのだ。   「おはよう。……体調悪そうだね。風邪かな? ん? いや、違うね。香るから発情期かな。ちょっと待ってて。夏木に連絡するから」  二回目だから、まだ周期が不安定なんだね、と柊一は慰めながら、夏木に連絡した。  夏木に連絡されるというのは、尚紀の理性的な部分にとってかなり憂鬱で、柊一に独りで乗り越えられると言い張りたかった。しかし、そんな本音とは裏腹に、次第に意識も朦朧としてきていて、理性より本能が顔を出し、身体が火照ってくる。  それでも自室で布団の中に包まりながら、ここで自分を慰めていれば次第によくなるから、夏木が来ても拒絶しようなどと考えたが、しばらくしてやって来た番が放つ芳しい香りに、尚紀の意志はともかく、身体は簡単に陥落した。  夏木に布団を剥がされると、ダイレクトに芳しい香りに晒される。 「独りでなんとかできるとか、寂しいことを言うなよ」  そう言われて、夏木のフェロモンに意識が支配される。 「うちでしてく?」  柊一が夏木にそう問いかけたが、夏木は首を横に振った。 「いや。別宅に連れてく」 「そう」 「お前も近いだろ。遠慮するなよ」  そんなやり取りを二人がして、尚紀はそのまま着のみ着のままで毛布に包まれ、先日の「別宅」に連れてこられ、そのままたっぷりと抱かれた。  別宅に入るやいなや、玄関で後ろから貫かれた。それを受け入れる側の尚紀の身体も潤んでいて、夏木の猛りを十分に飲み込む。 「あっ……! ふぅ……」  夏木になんて抱かれたくないのに、番に抱かれて注がれて、身体が喜んでいる。 「もう、イったのか。早いな。まだまだこれからだからな。お前、本当に淫乱な身体してんなぁ」  先日の発情期と違ったのは、一回欲望を吐き出して、一回受け止めただけでは終わらなかったということ。  抱かれたいなんて思ってないのに、一昼夜以上、夏木に抱かれていたかもしれない。  ただ、幸いだったのは、発情の波に尚紀の理性が飲まれていたこと。具体的には、どのようなことをさせられて、どのような感想を受け止め、どう反応したのか。おそらく尚紀にとって正気の時には受け入れ難い事実だったが、朦朧とした意識と湧いた頭でほんやりと受け止めていた。

ともだちにシェアしよう!