32 / 151

4章(18)

 食事を楽しんだあとは、柊一がインスタントコーヒーを淹れてくれて、冷蔵庫で冷やしてあったケーキに移行する。 「すごい……!」  達也の手作りだと言えば、柊一は目を丸くした。  そしてハッピーバースデーの曲とともに柊一がロウソクを吹き消し、達也がケーキをカットしてみると出てきたのはホットケーキ。 「わーお! すごいアイデア!」  柊一が喜んでくれるのが何よりだと思っていたので、尚紀と達也はふたたび目を合わせてにんまりとした。  しかも、ふんわりと仕上げたホットケーキを重ねたバースデーケーキは、冷えてもソフトで美味しく、柊一は年下二人のアイデアと行動力に終始驚いていた。  そして三人で美味しさを共有しながら、誕生日を祝ったのであった。 「オレから〜。誕生日おめでとう!」  そう言って達也が柊一に差し出したのは、白い洋風封筒。「シュウさんへ」と、達也の直筆の宛名が書かれている。 「え、僕に? ありがとう。なんだろう」  嬉しそうに柊一が受け取り、開けていいかと達也に問う。  中から出てきたのは、二つ折りの厚紙で。  それを開いてみて、柊一は歓声を上げた。 「わーお! 手作りのバースデーカードだ!」  縦に二つ折りのカードを開くと、手描きの大きな二段のバースデーケーキが飛び出す仕組みになっていた。  赤い苺と生クリームがたっぷりのって、ボリューミーで美味しそうなやつ。最初にケーキ屋で見て、高価で諦めたホールケーキのようなデザインだった。よほど悔しかったのだろうと尚紀は苦笑した。  そして、ケーキの周りには三人の男子と、可愛らしい動物も描かれている。三人は言うまでもなく、柊一と、達也と尚紀だろう。特徴がよく出ている。そして一緒に祝う動物たち。  みんなで柊一の誕生日を祝っている風景か。 「すごい、めっちゃクオリティ高いよ!」  達也は均一ショップでいろいろ材料を買い込んでいた。それがこのクオリティになるのだから、元々絵心があるのだろう。  尚紀も柊一の手元を覗き込んで驚く。 「すごいね! タツヤは絵の才能ありそう」  そうおだてると、彼は顔を赤くして、もういいじゃん! と可愛らしく照れた。 「サプライズはともかく、こうやって三人で誕生日を祝うの楽しいね」  尚紀の言葉に、達也も頷く。 「準備するのも楽しかった」  三人であまり外部とも接点がない生活を送っていると、このようなイベントは楽しくて刺激になる。 「二人は誕生日いつなの?」  柊一の問いかけに達也は、七月十九日、尚紀は三月二十日と答えた。 「すごい。三人とも、見事に季節が違う」  柊一が感想を漏らす。確かにその通りで、秋生まれの柊一、春生まれの尚紀、そして夏生まれの達也。 「ねえ、これは提案なんだけどさ」  柊一が、にやりと笑った。 「僕たちは他人だけど、もう肉親以上の身内とも言えると思うんだ。だから、これからは三人の誕生日はちゃんとお祝いしないかい?」  柊一の提案に、尚紀と達也も楽しくなり、即頷く。 「それ楽しいと思う」 「賛成だな」  次は三月の尚紀の誕生日だ。 「年に三回くらい、そういう楽しみがあってもいいじゃない、ねえ?」  柊一はそう言って、笑顔を見せた。

ともだちにシェアしよう!