47 / 235

寝姿も個性

利九は可愛い見た目に反してイビキがうるさい。 真五は歯ぎしり酷い。朝起きたら顎疲れてるぞ。 樹三は美少女キャラがプリントされた抱き枕を抱いて熟睡してるし。こいつ見かけとキャラと嗜好がブレブレなんだよ。 恋人との待ち合わせは図書館です、みたいな宏六は寝相悪い。おかげで被害にあった。布団遠くに蹴っ飛ばされて腹丸出し。 七波と八散はくっついた形で静かに眠ってる。無意識なのか、いつもなのか。双子らしいな。 二葉は…………、まぁ………、可愛い。 会った初日でここまで他人を知れたのは初めてだ。 ここまで歓迎される意味も理由も理解できないが、堕胎を希望としてるオレには迷惑極まりない。 早々にケリをつけなければ。 「……?」 長男がいないことに気づいた。 かけ布団が捲れてガラ空きになってる。 トイレか? と、上体を起こしてボケッとしてると人の気配がした。 「起きてましたか?」 小声で近づいてきた神谷一茶だ。 ぐっすりな弟たちを眺めてから、「喉渇きませんか?」と手を差し出してきた。 「寝る前のホットミルクも悪くないですが、喉を潤してくれるものではないですからね」 冷たいものでも飲みませんか? それにちょっと考えてから手を重ねた。 トイレにも行きたいし、確かに喉も渇いてたかもしれない。 引っ張り起こしてもらったはいいが、そのまま手を握られてるのはどうだろう。 なんて、まだ半分寝こけてる頭じゃ抵抗はろくすぽできなかったけど。 時間は0時を回ったばかりだった。 台所のテーブルに座っていると、目の前に麦茶の入ったコップが置かれた。 見た感じ冷たそうなそれに喉が急速に渇きを増していく。 「ありがと」 喉を通っていくのが気持ち良い。 一気に飲み干してしまった。 「四季から聞きました」 隣に座った神谷一茶が言った。 「洗面所で貴方が掴みかかっていた理由」 テーブルに突っ伏した。 ああ、そうだよ。 悪いのはオレだ。責めるなら責めろ。 不貞寝してやる。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

18禁 初めは気にもしなかった。だけど何故か目で追ってしまう。
18リアクション
17話 / 6,807文字 / 80
2017/4/4 更新
突っ込む側になりたい男のその願望は、果たして叶うのか?
18リアクション
1話 / 5,233文字 / 94
2017/5/2 更新
事故で死んだ俺は、5年ぶりにワンコになって戻ってきた。ワンコな飼い主×ツンデレなワンコ
176リアクション
9話 / 25,482文字 / 268
2017/5/10 更新
ゲーマーとヤンキーの話。ハッピーエンド
64リアクション
64話 / 28,580文字 / 20
2019/3/26 更新
会社員×自由業の2人の、曖昧な関係のはじまり
65リアクション
18話 / 7,241文字 / 32
2019/6/22 更新
お兄様だよ……現れたのは組長!!これって政略結婚~!?
836リアクション
34話 / 25,975文字 / 156
2019/12/19 更新