8 / 28

第8話

グツ、グツ 「・・・」 天音は煮込んでいるビーフシチューを見ていると 「天音、学校で何かあった?」 キッチンに来ていた健之が心配そうに聞いて来た。 「何もないよ。」 ビーフシチューをかき混ぜながら答える。 「そう?」 健之はコーヒーを淹れてからキッキンを出て行く。 「大丈夫だ。」 午後9時まで時間がある。逃げる訳には行かない。奴は追跡に長けている 「こんなもんか。」 ビーフシチューを味見をして付け合わせのキャロットラペ、マッシュポテトを作り、フランスパンを切って健之が待っているリビングに運んだ。 「今日はビーフシチューか。」 「ああ。兄さん好きだろう。」 「うん。いただきます。」 「いただきます。」 健之と二人で夕食を取る。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

卒業を間近にしたとある日の話(学園モノ)
1リアクション
4話 / 10,000文字 / 20
2018/1/15 更新
オメガバース。Ωとαが番になるまで──。
173リアクション
21話 / 35,949文字
2018/2/3 更新
富裕層のご主人様と貧困層の使用人のお話。
285リアクション
35話 / 35,560文字
2018/6/17 更新
番などいらない……そう思っていた獣人アルファの前に現れたのは、運命の番である美貌のオメガだった。
125リアクション
15話 / 30,000文字 / 287
3/31 更新
Ωとして生を受けた少年の運命のαは大嫌いなアイツだった。
2,363リアクション
90話 / 58,619文字 / 722
11/11 更新
連載中
君影深く
俺は、兄より美しいと思える人間を知らない- / 弟α×兄Ω
49リアクション
10話 / 12,267文字 / 97
10/13 更新