13 / 28

第13話

背中の傷痕の痛みも腫れも引いて来たので気にせずに学校に行くが相変らず英語はマルクだった。 「天音ってリチャードル先生の事苦手だろう?」 「いきなりなんだよ。」 昼休み、知樹と食べているといきなり聞いて来た。 「リチャードル先生の授業になると何か嫌そうじゃん。」 「別に、」 誤魔化す。 「そうか?」 「そうだよ。」 天音は弁当を食べながら答えた。 (苦手だけだな。) まだ天界に暮らしていた時に家庭教師として来たマルクのスパルタ気味の勉強で苦手だ。その都度実の兄に泣き付いたものだが、実の兄が剣の稽古の相手をしてくれた。 (何を思い出している。) もう未練なんてない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
花に嵐
ツンデレ優等生×純情ヤンキー 年下攻 ※R18
739リアクション
50話 / 70,372文字 / 307
2017/1/4 更新
自称超絶イケメン×愛されブサメン。
107リアクション
45話 / 34,787文字 / 272
2/5 更新
ぼくの人生は一本の電話で変わった。
7リアクション
5話 / 18,572文字 / 20
9/25 更新
根暗長身天パわんこ攻め×セ○クス中毒な低身長誘いビッチ受け
1話 / 1,963文字 / 0
5/11 更新
親衛隊に制裁されたのに、女王様気質な親衛隊長に一目ぼれ。
30リアクション
104話 / 104,874文字 / 86
9/15 更新
童貞卒業の前に処女卒業とかありえねぇ!
2リアクション
11話 / 11,602文字 / 0
10/31 更新