344 / 362

344

「厭  指は 」  頬に髪を張り付かせ 嫌々と首を振る 「云ったろう、 るりに操を立てたと」  厭 と譫言の様に繰り返す声を流し くちりと音をさせて指を埋める  微かな抵抗は有るものの 馴染んだ其処はあっと云う間に俺の指を飲み込んだ 「ぁあっ は は ぁ  ぅん  」  人差し指と中指を抉る様に動かせば 嬌声を上げる口が形だけを作る様に成る  内の痼に指を当てると 其れだけで身体中が悲鳴を上げる様に撓った 「あぁぁ  は ぁん  あ ぃ あっあ っ  」  大きく開けられた口から同じ音しか出なくなる頃 俺の体に爪を立てて翠也が果てた  ぴ っと此方に飛び散る精液を掬い口へと運ぶ  苦く 喉の絡む其れが旨くて堪らなかった 「あ ぃや  っ」 「厭、」 「指で は無く  其の 貴方の物で  」  震える腕でしがみつき そう懇願する声を聞きたく無くて首を振る 「出来ない相談だ」 「あっ 厭ですっ  く ぁ  」  差し込んだ指を再び動かす  達したばかりの体に其の刺激は毒の様に沁みたらしく 大袈裟な程に体が跳ねた

ともだちにシェアしよう!