27 / 135

あとがき

『花霞に降る、キミの唇。』 お読みくださり、ありがとうございます。 土岐奏人と武田慎吾。幼なじみの両片想いストーリー。 想いが通じるまで焦れ焦れの進行でしたが、お楽しみいただけたなら幸いです。 さて、次回更新より奏人視点をお届けしますね。 本編第1章『キミの囁きに、震える。』の裏側、お楽しみくださいませ♪ 冴月希衣

ともだちにシェアしよう!