20 / 21

和臣による恭介への聖指導!?12

「こうしてお互いのを擦り合わせることを、兜合わせって言うんだよ。一緒に気持ちよくなれるでしょ?」 「確かに。これなら和臣も気持ちよくなれるけど……」  微妙な表情のまま、視線を下半身に移す。 「どうしたの?」 「こうやって和臣のモノを自分のと比較したら、大きさのあまりの違いに落ち込んでしまうなぁと」  しゅんとする恭介に、和臣は黙ったまま自身をぎゅっと押しつけた。 「僕のがこんなに大きいのは、恭ちゃんをいっぱい感じさせるためなんだよ」 「和臣……」 「なぁんて言ったけど、面積が大きい分だけ僕もたくさん感じちゃうけどね」  言いながら腰を上下させて、恭介が感じるように動いてみる。 「ん、ぁ……。和臣、気持ちいい、よ」 「あぅっ、あ、あっ……、ふたりでっ、気持ちよくなれるの、ぃ、いいよねっ」 「なぁキスしたい」  恭介の言葉に導かれるように、自然と顔を寄せた。唇が触れた瞬間から舌が差し込まれ、音を立てて出し入れされる。 「ん、ふ、あぁ……」  上と下から卑猥な水音が室内に響き渡り、それだけで達したくなってしまう。 「恭ちゃぁん、お願い。僕の中に恭ちゃんのを挿れて……」 「へっ? ちょっと待って。挿れる前に、ちゃんと馴らさないと駄目なんじゃ――」  告げられた内容にぎょっとしたのか恭介はキスを中断するなり、まじまじと和臣の顔を見つめた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!