10 / 23

第10話

 試合中、僕らはマネージャーの石本さんに預けられて、試合の手伝いをした。  ……白今、見れなかった。  しくしく。  で、試合が終わると、後片付けや対戦校との挨拶とかを済ますと、優也は僕のところに来た。 「僕は自力で帰れるからって言って、抜けてきたよ。さ、春樹。お仕置きだよ」  カワイイラブホ?  高級ホテル?  ちょっと嫌だけど、公衆トイレかな……?  などと思いを巡らせている僕は、ドラッグストアに連れていかれた。  ああ、避妊具とか、買うんだ!  などと思っていると、優也は僕の腕を掴んだまま、コスメ売り場に直行。  口紅を見始めた。 「何してるの……?」 「何って、春樹に化粧する道具を見てる」 「化粧⁉」 「もちろん、可愛くお化粧するだけではお仕置きにならないから、記念撮影もさせてもらうよ。腕を組んで街を歩くのもしてもらう!」 「い、イヤだーー!」 「君、悪い子だよね? 家で良い子にしとくように言ったのに、勝手に来て、竹内に迷惑までかけたよね? 今度学校で会ったら、謝るんだよ?」 「うん……」  こうして、優也は僕の顔に化粧をする化粧品を選び始めた。 「ピンクの口紅が可愛いな。後はファンデーションか。アイメイクはよく分からないや」  優也は適当にピンクの口紅と、真っ白な粉タイプのファンデーションを選んで買った。 「じゃあ、トイレで化粧しようか」  公園のトイレに到着すると、僕は優也の体に自身の体を密着させた。  せっかく個室があるから、楽しんでいきたいよ。  僕達、若いんだよ? 「君、何してるの? 誘惑してるつもりなの? 残念だけど、僕は、自分で働いたお金で夜景がキレイなホテルを予約して、夢のような一夜を過ごすのが初体験って決めてるんだ。こんな場所、イヤだからね」  にっこりと笑って、僕にはなれるよう促す。  何だか、女の子みたいにロマンチックだな。  ところで、自分で働いたお金って、ナニ……?  まさか、僕達、大学を卒業するまで、何もナシ……?  ウソだろ……? 「えっと、ファンデーションが先で、口紅が後か。ベースメイクってなんだろう。アイメイクはしないからいいよね」  スマホを見て、ぶつぶつ呟きながら、優也は僕に化粧していった。 「春樹。言っとくけど、自分で上手に化粧できるようになって、僕を喜ばせようなんて思ったらダメだよ。僕が君に化粧するのが楽しみなんだから!」  言いながら化粧していき……。 「あれ? なんかおかしいな……」  僕は恐る恐る鏡を覗き込んだ。  鏡の中には、不自然な肌の色に、口裂け女みたいな口をした僕の顔が映った。 「なにコレ? おかしいよ、これ!? 化粧、落としてよ!」 「まあ、今回はこれで良いか。次回は妹にやり方を聞いておくよ。さ、腕を組んで歩こう?」 「イヤだ!」  トイレの中を逃げ回ったけど、僕は小動物のように捕獲されて、優也に腕を組まれて、俯きながら大学の近くまで戻った。  途中で、幼稚園児ぐらいの子供に指をさされたり、小学生の女の子にくすくす笑われて、地獄だった。  あれって何?  男同士のカップル?  しかも、片方口裂け女?  っと、女子高生にドン引きもされた。  くそう!  僕が小動物ような非力な存在でなければ……。 「もしもし。夕奈? 化粧ってどうやって落とすの?」 『……』 「分かった! クレンジングって言う、落とす道具があるんだね!」  学校の近くのコンビニで優也はクレンジングオイルを買って、学校のトイレで化粧を落とした。  それまでに何度も撮った写真を宝物のように愛しそうに眺める。 「ねえ、その写真!」 「分かってるよ。僕個人で楽しむから。これから毎日化粧の練習をしなくっちゃ。春樹を可愛くするんだ!」  地獄の日々の始まりだったーー。  こいつと付き合って……幸せだったのか……?

ともだちにシェアしよう!