28 / 93

狼の涙が枯れた時⑥【狼視点】

寛太(かんた)……?」  莉久(りく)の声に顔を上げる。  そこにはパソコンを持った莉久が立っていた。俺は呆然としながらも、ベッドから降り床に崩れるように座り込んだ。 「俺さ、昨日色々調べたんだけど、番を解消する方法があるらしい」  俺の横に座り込んでパソコンを見ろと指差してくる。  番を解消する方法? 「莉久、本当に番を解消する方法なんかあんのか!?」  俺は莉久の両肩を掴み、激しく揺さぶった。  痛みに顔を歪めながらも、 「成功するかはわからねぇけど、あるはある」 「教えてくれ、頼む!!」  俺の馬鹿みたいに真剣な顔を見て、莉久は静かに頷いた。 「ただ……『解消』っていうより、『αが一方的にΩを捨てる』っていう表現のが正しいかもしれない」 「……捨てる?」  どこまでΩは下等な扱いを受けなきゃいけないんだろうか。聞いてて悲しくなってくる。 「番を解消したいΩの手の甲を、αが噛めばいい。方法自体は簡単なんだ」  莉久は、自分の手の甲を噛む真似をして見せる。 「なんだよ簡単じゃん!?今すぐにでもできる……」 「でもその後が、簡単なことじゃないんだよ」  俺の言葉を莉久が遮った。  その顔は怖いくらい真剣で、俺は言葉を失ってしまった。 「簡単なことじゃない。一方的に番を解消されたΩは、地獄のような死ぬ程の苦痛を3日3晩味わい続けなくてはならない。それに耐えきれなくて自ら命を絶つΩすらいるらしい……」 「…なんだよ、それ……」  発する声が震えてしまう。  そんなのあんまりだ。  簡単にできることじゃないって、容易に想像がついてしまう。 「もしそれにお前達が耐えられないっていうのなら……」  莉久が切なそうな顔で、俺を見つめた。 「(わたる)は、俺が一生かけて守るよ」 「莉久……お前……」  その時に確信した。莉久は航のことが好きなんだ。  だから、航のフェロモンにあんなに過敏に反応したのかもしれない。  ただ、番を解消されて辛いのも、苦しい思いをするのも俺じゃない。  航だ。  あいつはそんな思いをしてまで、俺への思いを貫こうとしてくれるだろうか。  俺はそこまで、航に愛されているだろうか。  正直自信がない……。 「航に聞かなきゃわからない。それは、航が決めることだから」  俺が無理してはにかんだ瞬間。 「俺、それ試してみたい」  航の声がしたから驚いて振り返った。 「ねぇ、いいでしょ?」  ベッドに寝ていたはずの航がいつの間にか目を覚まして、俺のシャツをまるで子供のように掴んでいた。 「航……」 「大丈夫だから、やらせて?」  その可愛い笑顔に胸が熱くなる。 「お前わかってるのか?死ぬ程の苦しみを3日間も我慢できんのか?」  真剣に問えば、「うーん?」と上目遣いで何かを考えた後、フワッと微笑んだ。  なんて可愛いんだろうって思ってしまう。 「俺、寛太と番になれないくらいなら、死んだほうがマシだ」  あまりの透明な声と笑顔に吸い込まれそうになる。 『愛してるよ』  あの言葉は嘘じゃなかったんだ。  また、泣きそうになってしまう。  泣き虫だって、航に呆れられちゃう。だから、俺は必死に涙を堪えた。

ともだちにシェアしよう!