18 / 66

むせ返る、大気

 戸外へ抜けた瞬間の、『外』を肌へ体感したときの充足は、もう忘れかけているが、昔自由に手に入れていた時よりも、ずっと濃密で、渇望を浸してきっとあまりある。  塀のうちの外界であるのに。その先には、もっともっと先まで続く、見果てぬ夢のように茫洋できらめく、世界(かなた)が連なっている筈なのに。  コンクリートに囲われた大気でも、すぐには遮断している俺の感覚に侵入(はいり)込み、否応なく刹那にその『存在』をしらしめ、先触れもなく俺を陰鬱に苛んだ。  春。むせ返る、春。  生気に溢れて、花は熟して、草木は新緑の臭気を発奮して撒布する。  あれほど待ち望んでいたのに。  生ける者、誰しもが待ち焦がれて、その息吹にふれれば、綻んで、生きる希望をことほぐ喜びに、目を見合わせて笑いあうはずなのに。  生ける者。生きているもの。  俺は、生きているんだろうか。 生きていて、良いのだろうか。  もっと生きたくて、本当は、その恵みを誰しもと同じに、当たり前に持っていたものが、 つい先ほどまでその息吹を、少しも驕ってなんかいない、ささやかに温めていたのに、 今この、むせ返るような春のかたまりに、それが跡形もなく吹き荒ばれ風塵と化していく幻影が俺を蝕む。  この大気を、春を、享受する筈だったのに。  吐きそうだ。  強烈な生を爛熟させ、躍動が滴るような春のうねる風を受けながら、俺は口許を覆った。  意志を持たない思考のまま、休憩へ向かっていた。格子越しから、 『よお、(さく)よ。お前の若い女房(やつ)、吊るされちまったんだってな。 子供みてえな(つら)してたのに、可哀相(かっわいそう)になあ。ちったあ可愛がってやれたのか? おてて繋いだいじらしい契りも、お上のお達しの前じゃあ、ひとたまりもないってね、』  下卑た哄笑が耳をなぶったが、 『あんたなんか、(じき)よっ!』(ひろ)さんの金切り声と、諍う声が背後でこだまして、 やめろ廣さん、看守(おやじ)にどやされる、そんな言葉が胸中にあったが、口外へは浮かばず、そのまま廊下を脱し()た。  今し方の光景も、無味な送風のように背後へ溶け去って行く。  心象をなくし、ただ歩いていた。  前も見えていない。四方も視界に入っていない。だけど、歩いていた。  だって、 約束していたんだから。 「——…………、」  ほの明るい蔭が差した気がして、俺は頭上を見上げた。  薄紅。白。淡いすもも色。  花弁が、ふわりという音に包まれて、慎ましやかな雌芯も覗かせ、開いている。  黒い樹肌ばかりだと思っていた。  なのにもう、今眼前に聳え立っている幹は、 遂に至高の召し物が完成したといわんばかりに、含羞を滲ませつつも、誇らしく淑やかにその腕を広げ、 清らなる、厳かな品格を吐息ひとつ洩らさず、だのに見るものの感応を突く、あまやかな淡紅の艶姿を、惜しげもなくそこに披露めている。  桜だ。  天空を、一面桃色の大河で流し込んだように、埋め尽くされた、桜。  あれだけ、焦らすように蕾が綻ぶのを惜しんでいたその花が、 まさに今を咲き誇れよと、開花の宴に眦を染まらせ、満開のたけなわに、匂い立つようなほろ酔いを魅せている。 「…………何なん、だよ……っ」  厳かで、楚々として、静謐で。だのに可憐で。  何の秘すべきものも、躊躇いも汚濁も持ち合わせない。  待っていたのに。  待っていたその姿の、ただ花は、美しい紐を解かせただけなのに。  それすらもなのか。 だから、なのか。  言い知れぬ怨恨に近い、激情が湧いてきて、俺は強かにその幹を拳で()った。  何故なんだ。 何故、今なんだ。  解っている。俺たちにはなから時間なんて、当たり前に安寧できる生なんて、始めから享受などされていない。  花は、だけだ。  そこに、手前勝手で甘えた夢想を見出し、押し付けていただけだ。  何が歌だ。何が桜の下で詠もうだ。  何が一緒に、 だ。  そんなのもの、そんなもの何の役にも立たなかった。  少しでも彼の脚にしがみつく汚泥、孤独、虚ろを、掬い上げることが出来たのか。  出来たのだとしても。  だとしても、もう関係ない。 何の関係もない。  天川は、たったひとりでいってしまった。  ひとりで、勝手に連れて行かれて、 —— またあんな父親のもとに、差し出されなければいけないのか。  見上げれば、叡智を識り、秀麗な憂いに眉根を寄せるような桜が見降ろしている。  俺はその厳かな佇まいを睨みつけ、樹肌をさらに撲った。  肌が抉られ、鋭い皮が掌外を刺す痛みが突き抜けたが、どうだって良かった。  神みたいな顔をして見るなら。  神ならば、連れて行け。  早く俺も、連れて行け。  天川のもとへ、連れて行け。  陽まりも待ってる。ここで俺も、首を(くく)ればいいのか。  天川をひとりにさせるな。  いつもはにかんで、じっとその黒い瞳のうちに澄んだ水面を湛えたまま、 想いを、純粋な想いを、いつだってきっと胸のうちに仕舞い込んでいた。  ふざけるなよ、返せ。  天川を、返せ。  解き放てよ。あいつを穢れた足枷から。  また救いのない闇の底に、あいつを閉じ込めるな。  早く俺を、  あいつのところへ、  闇に引き摺り込まれようとしているあいつの、  あいつの元へ、 連れて行け…………、

ともだちにシェアしよう!