31 / 74

いくへもの景色

 ——陽まり。ママに逢いたいか。  そうだよなあ。パパはいつだって、家でゆっくり、あんなに可愛いお前の顔を、真綿みたいなその頬を掌に挟んで、話を聴いて、お前を膝に乗せてやるのも束の間で、 そうしていたとしても、心の底から、その根を横たえることが出来ていなかった気がする。  でもママとふたり、俺を少しも詰らず、仲間外れにすることもなく、 いつも温かく迎え入れてくれて、姉妹みたいに、仲良く頬寄せ合っていたもんなあ。  ママを、一緒に連れて行ってやりたいのにな。  考えないで。千景には、とうに釘を刺されている。  陽まりにこの瞬間も逢いたいのは、私も同じ。突き刺さるほど痛いくらいに同じ。  でもひとの生きる道を、自分だけの感情で早めたり捻じ曲げようとしないで。誰かのためだと、無思慮に覆い被せようとしないで。  決まっているのかは判らない。 でも、辿り着く先は、あるの。  あの()は、本当に優しくてつよい子。  私たちのことを、解ってくれている。  信じてあげて。甘えさせてあげるのは、その時でいい。  今だってに居るんだから。いつだって傍にいて、私はあの子のことを抱きしめてあげられる。  千景は、どうしてあんなに(つよ)く、凛として立っていられるのだろう。  信じる。ひとの、言葉と書く。  その意味を信じて、逢えない、顔を見ることも出来ない、ふれることが出来なくとも、と手紙を書き続けた。  返事は戻るか判らない、だがともにあると、千景とこころは常に溶け合っていると、書き続けた。  愛してる 愛してるったら 愛してる  歌なのか戯言なのか、彼女にしか見せられないようなことも、散々書いた。  それが本当に彼女の携えるものになっているのか、それも、いよいよ芯が覚束なくなってきている。  彼女のことは、変わらず絶えることのない、光のように信じている。  だが俺が、を信じるという支えが、こんなにも心許ない。  ひとの、己の生き着く先を、明確な輪郭(かたち)で捉え、()れることの出来る人間は、どれ程にいるのだろう。  ……天川(あまがわ)は、本当に強かったんだな。  あの若さで、遺す想いを、漏らさず(はな)って、置いてくることが出来たからかも知れないが、 それでもなお、歳を幾年経ても、彼には遠く遠く計れないほどに及ばない。  彼だからだ。あの(きよ)らかで、透るような黒い瞳に浮かぶきらきらしい魂は、未来に渡り無二で、 ずっとこの胸に、誰も踏みしめることのない(たっと)く清浄なしるしとして、静かにその聖域を開け放してくれている。  桜花が咲く樹に刻んでくれた、あの優しい歌と、涙のように翻って注いだ、花びらとともに。  千景を想うと、捻れた黒い、醜く()れた糸の塊のような慄きと怖れが襲って来て、 彼女のその姿と光まで見失ってしまいそうになる。  だが、彼女と出会ってからずっと、彼女に抱き続けている変わらぬ指標が俺にはある。  千景は、いくへもの、輝かしい、これを見るために生まれてきたのだと繰り返しことほげるほどの、 素晴らしい千の景色を見るために生まれて来た存在だ。  今までも、どうかこのひとときも、いつまでも、 彼女のその閉じた(まな)裏の先にまで、まばゆいばかりの景色が一面に拡がっていることを、 願って、請うて、祈り続けてただやまない。

ともだちにシェアしよう!