26 / 137

(3)-11

「なぁ、お前のソレって全然使ってないんだろ?」 「……はい」  露わになった性器を指差して口角を吊り上げた白川の目には、明らかに情欲の色が浮かんでいる。  吐き気をもよおしそうになり、シロは慌てて視線をそらした。 「オナニーとかすんの?」 「しないです。性欲ないんで」 「……へぇ」 (……気持ち悪い……)  絶えず注がれる視線を感じて、悪寒が走る。一刻も早くこの場から立ち去りたい。 「お前のその病的な感じ……たまんねぇよ」 「……まぁ、おれなんて死人と変わらないんで」 「……そうだな。マクラもできねぇホストなんてマジで使えねぇしゴミクズ同然だ。……だがお前にはその顔がある。神に感謝しろよ」 「……はい」 (……神に感謝しろだと?笑わせんな……)  自分にとってこの顔がどれだけ疎ましいか、この男に分かるはずもない──そう理解はしていても、状況が状況だけに殺意が湧いてくる。 「やれよ」 「……えっ?」 「オナれっつってんの」 (……は……?)  必死で怒りを堪えながら、作りものの笑みを顔に貼りつける。 「ははっ……ムリです。たぶん勃たねーし」 「俺に無理やり犯られんのとどっちがいい?」 「……っ」 (……あぁ……やっぱりあの時、ちゃんと死ねてたらよかった……)  心の中にどす黒い影が落ちる。抗いようのない現実に自己防衛本能が働いたのか、思考が完全に停止している。 「ここに座ってしろ」 「……はい」  促されるまま事務机の上に座ったシロは、にやつきながら眺めてくる男の前で、躊躇なく脚を開いた。  股間にぶら下がったそれをやんわりと握り込んでみるものの、普段から入浴時と用を足すときくらいしか触れることのないそこは、やはり一向に反応を示さない。  仕方なく、目を閉じて妄想に耽ることにした。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

「あなたが欲しいんです…」
4話 / 2,375文字 / 0
2017/8/9 更新
ドS風紀委員長が不良男子にエッチなおしおき…!?
47リアクション
3話 / 8,720文字 / 182
2017/10/6 更新
知らない間に恋をしていた。いつも傍にいた親友・・・ずっと一緒に居られると思っていた。
965リアクション
167話 / 260,426文字 / 114
2019/1/19 更新
欠点は相手によって最高の相性となる、がテーマのお話です。
14リアクション
16話 / 60,770文字 / 40
1/14 更新
おまえに触れたくて堪らない…
50リアクション
1話 / 1,439文字 / 284
2019/8/28 更新
変な事ばかりさせたがる攻×快楽に弱い受
12リアクション
8話 / 7,108文字 / 0
2019/11/5 更新