149 / 226

リベリエ17

「苦しい?シロさん」 「…っ…くるし…」 「うん、苦しいね…でもその顔すごくイイ。食べちゃいたい」 「…ッひ…!?」 ぴちゃ、と小さな音をたて、サヤの舌先が眼球に触れた。 無機物が角膜をなぞる感触が、ぞくぞくと背筋を震わせる。 「…ふぁ…ッ、…ん……!」 「ふふ…感じちゃった?」 「……っ…」 「かーわいい」 優しくまぶたに口づけられ、胸が震えた。 あれほど恐ろしかったサヤの奇行の数々も、今となっては全てが快感への引き金になってしまうばかりか、サヤにもっと触れて欲しいとまで願ってしまう自分がいる。 離れていくサヤの唇を引き寄せて、今すぐ口づけてしまいたいーーそんな愚かな願望すら抱きながら、俺は軋む胸を抑えてそっと息を吐き出した。 「力抜いててね」 「…んっ…」 俺の自身を強く握り込んだまま、サヤが俺の肛孔に屹立を充てがった。 そのままためらう事なく一気に再奥まで貫かれ、すぐに激しい抽挿がはじまった。 「あ、ぁッ、あ、…ッやあああああぁっ……!!」 ビクビクと腰を震わせながら未だに絶頂し続けている俺を、サヤの容赦ないピストンがさらに攻め立てる。 熱い肉塊をずぶずぶと激しく突き込まれ、意識が遠のくほどの痛みと快感で視界に無数の星が散った。 「……ッ…はぁ……シロさん…こんなにきゅうきゅう締め付けて…サヤの事そんなに好き…?」 「ぁっ、あ…んっ、…あっ、好きっ、…すきぃ…っ…!…ぃっ、ああぁんっ…!」 もはや自分が何を言っているのかすら分からないーー。 必死でサヤの腕にしがみつきながら、濁流のように押し寄せてくる快楽を受け止めるだけで精一杯だ。 「うん…俺も大好きだよ。ずっと一緒にいようね、シロさん…」 「っ、…ひ…ッあ!あっ!…っあああああぁん……!!」 甘く優しいその声に、涙が溢れた。けれどーー。 その言葉は胸に落ちる事なく、ただ快楽の波に押し流されていった。 言葉なんていらないーー。 サヤの逞しい腕に閉じ込められ、息もできないほどに腹の奥底までサヤの熱で埋め尽くされて、俺はもう死んでもいいとすら感じていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!