7 / 24

第7話

 海は図書室で最終下校時刻まで本を読んで、チャイムの音で席を立った。  窓の外ではいつの間にか雨が降っていて、廊下の窓から外を眺めている宇都宮の隣を通りすがる。その横顔、また痩せた気がする。そうして昇降口を出て校門を抜けると大きな高級車が学校の脇に停まっていた。運転手は、見覚えのある大柄の熊男。ああ、宇都宮はこの車を見ていたのか……。  それは叶わない恋だよ、先生。  もてあそばれていることなんてとっくに気づいているだろう?  悲しいオメガの片思い。  救いは未だ見えず、しかし一人のアルファがそれを見ていた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

R18/狼獣人/獣人に飼われる少年/調教からの溺愛/微スカ表現あり
551リアクション
17話 / 39,204文字 / 1,877
2018/7/3 更新
売れっ子BL作家の朝比奈の家に転がり込んで来たのは、友人が拾った猫又でした。
110リアクション
43話 / 38,490文字 / 58
2018/8/29 更新
346リアクション
14話 / 9,936文字 / 309
2018/12/23 更新
572リアクション
106話 / 371,881文字 / 80
1/17 更新
人狼の名門一族の次期当主で生徒会長(アルファ)×オメガだと隠している副会長(オメガ)
236リアクション
20話 / 6,681文字 / 540
2019/3/2 更新
全米が鼻血!大人の悶絶物語【誰にも屈しない、誰のものにもならない】
24話 / 50,678文字 / 0
1/2 更新