43 / 45

第43話

"暗い話だけどね、本当のことなんだよ"  冬馬の言葉は嘘じゃない、里親に札束を投げつけられ追い出された。俺だってこの財布の中身がなくなったら一巻の終わり。けどもう彼を苦しませるのは嫌なんだよ。 「いざとなったら俺が金くらい払ってやるっての! 俺なんでもやるぜぇ? あんたのやめならいかがわしい仕事でもやってやるよ」 「それじゃあ、晴翔の人生がめちゃくちゃになっちゃうよ。おれは、いいの」 「良くない!」  冬馬の細い腕を押さえつけて、目と目とみながら冬馬に。 「俺はあんたと離れることはないし、あんたを誰よりも幸せにしてやるって決めたの! 兄弟でも親戚でもない、恋人っていっても構わないんだよ!」 「は、晴翔……」 「好きだ、冬馬」 「え……」  まさか告白なんてするとは自分でも思わなかった。  このタイミングで弱った冬馬。  けれどあふれ出す感情が、真木村が悪いんだ。俺の心をつつくだけつっついて。 「嘘じゃねーよ。 冬馬……」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

バリタチのはずな俺がまさか…
31リアクション
4話 / 8,702文字 / 114
2018/7/28 更新
「猫のように鳴け」と「琥珀の蛇と傷だらけの犬」のクロスオーバー短編です。
298リアクション
5話 / 6,963文字 / 1,237
2018/8/19 更新
連載中
Fragile
1話 / 678文字 / 0
2018/9/5 更新
王道戦隊モノを目指したBL小説です。青(眼鏡/社会人)×赤(高3)。
8話 / 21,207文字 / 20
1/16 更新
【お題企画参加作品】大嫌いな君を守ると決めた瞬間
32リアクション
1話 / 1,423文字 / 220
8/28 更新
【主人公総受け】もっと楽しく!もっと過激に?5人組AVモデルのポジティブ+エロコメディ!
24リアクション
42話 / 64,412文字 / 0
3時間前 更新