42 / 47

壊れた絆、歪んだ感情

月日が経つのは早い。 何もしないと、あっという間に過ぎてしまう。 心非(こころあら)ず…という状況なら、なおの事。 樹がいなくなったことに、またしても、色々と考えるのが嫌になって、思考を停止してしまっている。 考えることを脳がストップしていた。 なにもしたくない。 なにも考えたくない。 無気力な自分。 考えたら…全てが嫌になってしまう。 暗い思考に飲まれてしまう。 何かを考えれば考えるほど、ざぁざぁ、と頭の中で砂嵐がおこり思考をかき消してしまう。 何も出来ない。 考える事すら、できない。 なにも出来なくなった私。 そんな私に一日はあっというまに過ぎていく。 ぼぉっとしている間に、月日は瞬く間に過ぎて、ついに樹の誕生日1日前になってしまった。 本日、6月19日。 仕事は相変わらず、滞っている。 何度パソコンを開いても、どうしても憂鬱なことしか考えられなくて、どうしようもないのだ。 何度も何度も開いては、閉じるを繰り返している。 この間樹が家出したときと同じだ。 このままだと、投資家という職業もダメになってしまうかもしれない。 いっそ、それでもいいかと思う。なにもかもリセットして。 新しくしてしまうのも。新しく全てを初めて、新しい私を演じるのも…。 無理か。 新しい私なんか始められっこない。今の私が私のすべてなのだから 馬鹿だなぁ…。 全て投げ遣りだ。 なんでこう私は後ろ向きにしか物事を考えられないんだろうか。 ぶんぶん、と考えを消すように数回頭を振る。  あの日、進藤君から呼ばれた樹は、今日まで帰ってこなかった。 またか…という思いと、どうでもいいや…という投げ遣りな思いがしこりのように胸に残る。 誕生日の約束は保護されてしまうのだろうか。 わからない。 樹からの連絡もないから。家出の日以来だ。 こんなに樹の行方がわからなくなったのは。  樹は、私の元から去ってしまうのだろうか。 進藤君のところに…べつの誰かのところに行ってしまうのだろうか。 覚悟はしている。 もう、覚悟するときになってしまった。 ぐだぐだ考えても、明日、全てがわかる。 明日になったら、色々話すことになるのだから。 だから…。 どんな結論が出ようとも後悔は、しないつもり、だ。 もう、うじうじするだけしたのだから。 樹が出す結果に私は従うだけ。 後悔だけは、したくなかった。 泣いてすがるということも、もう、しない 私という存在で縛ったりもしない。 樹が望むがまま、全てを委ねる。それが、〝大人〟であり親である、私の責任だ。 ぐだぐだ悩み続けたが、これが、私が出した答えだった。 潔く、全てを樹に委ねる。 樹が家から出たいといえば、笑って見送る。それが、私の意思だ。 樹に全て任せ、私はその決断にしたがう。 それが、一番誰も傷つかない選択だった。 樹の選択だから…と、私自身も傷つかない、選択なのだ。 私はいい大人で居続ける選択をした。 ―ピンポン。 ぼんやりと昼食を食べているところで玄関のチャイム音が鳴り響いた。 宅急便だろうか。 宅配の予定なんかないのに…。 樹がきたのだろうか…。でもどうしてチャイムなんか…。 重い腰をあげて、玄関に向かう。 「どちら…さま…?」 恐々とインターフォンごしに尋ねる。 すると、相手はしっかりとした口調で 「進藤です」 と答えた。 進藤…。 その言葉に小さく震える。 「進藤君…?」 進藤君の声を聴いた途端、顔がぴきりと、固まった。 インターフォンのモニターからは、進藤君の小さな影が映し出されている。 『さっきも言いましたけど、僕、樹君と付き合っているんです。その、恋愛的な、意味で』 あの時の言葉が脳裏に蘇る。 進藤君の電話を受けて、出かけて行った樹。未だに帰らない、樹。 進藤君の出現で、仲違いした私たち。 そして、家に帰った樹を、また家出させたのも進藤君のあの電話からなのだ。 進藤君が、私になんのようだ…?これ以上私に何の用…。 コクリ、と喉が上下する。 口が渇く。 樹に用?わざわざ家まで来て? でも、樹は進藤君の電話から家にいない。そんな樹に用か…? いい予感はしない。それどころか、嫌な想像しかない。 「なにか…用かい?樹は…」 恐る恐る口を開く。すると、進藤君は至って冷静に、 「樹君は、僕の家にいます。また戻ってきてくれたんです…」 という。 「そうか…」 樹は、また、進藤君の家に…。 ずき、っと胸が痛んだが、なんでもないふりをする。 気持ちを押しとどめてなにか言うのは…もう慣れたものだ。 インターフォン越しで良かった。 進藤君の顔はインターフォンのモニターから見えるが、こちらの顔が見えていないのが幸いだった。 しかし、何故進藤君は樹がいないと知っていながらわざわざ家にきたんだろう。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!