29 / 47

Truth -side Kanato- 【2】

 宮さま、だと? そう呼んだな、今。  おい、お前。いったい誰の夢を見てる? 俺か? それとも……花宮先輩?  あぁ……“また”か。俺は、どうやっても、あの人たちには勝てないのか?  宮城先輩と花宮先輩。コイツの憧れの先輩たちには……。  確かに、花宮先輩はすごい人だ。俺もうっかり見惚れるほどの一流のバスケプレイヤー。武田が憧れる気持ちも、わからなくもない。  だが、俺の目の前で花宮先輩を手放しで褒めまくられるのは、正直イラつく。  宮城先輩に至っては、わざわざ三年の教室に出向いてまで『今日も憧れてます』とか『好きです』って告白してるらしいし。  なんだ、それ。俺には、そんなこと言わないくせに。  俺には、ほんのたまに、数学を教えてやった時の御礼代わりくらいにしか言わないくせに。  けど……そうやって俺に数学を教わってる間、コイツは問題集じゃなく俺を見てるんだよな。で、無意識なのか、ほんのりと頬を染めたりしてるわけだ。  堪らない。  気づかないふりで淡々とペンを走らせ、数式の説明をしていく俺の身にもなってほしい。  それに、時折、物陰から俺のことをじっと見つめてきたりしてくるんだ。ものすごく可愛らしい表情で。  が、その後は大抵、不自然なほどに俺を避けまくる。  まるで、照れているみたいに真っ赤な顔をして。  目を泳がせて視線を合わさないようにしてるくせに、少し経つと何か言いたげにチラチラと目線を寄越してきたり。  紅潮した頬と、潤んだ瞳。堪らなく色っぽい表情が、俺だけに向けられてると確信できる時もある。  だから、自惚れてしまう。もしかして、コイツも俺と同じ気持ちなのかって。  あの、すごい先輩たちよりも、俺のほうが好かれてるんじゃないかって。かすかな期待を持ってしまうんだ。 「……んー、土岐ぃ」  あ? なんだ? また思わせぶりな寝言か? 「へへっ、だぁい好きっ。俺の土岐いぃ……」 「……っ」  おい、この馬鹿やろう。 「はぁぁ……お前、本当に寝てるのか? いい加減にしろよ」  マジでいい加減にしてほしい。このタイミングとか。  上げて、落として、また上げるとか。  俺をどうしたいんだ。全く。  もう、オチはないだろうな? このまま、自惚れたままでいさせてくれるんだろうな?  ああぁ……俺はずっと、こんな風に、コイツに振り回されていくんだろうか。 「ふふっ。本望か……本望だな」  うん、それでいい。俺は構わない。  だから、お前もいいか?  ほんの少し、だ。  ほんの少しだけ、この生意気な口を塞いでやりたいだけなんだ。 「……ん……」  規則正しい寝息。閉じたままの瞼。それらに変化が見られないことを慎重に確認しながら、唇を重ねる。  そっと、そっと。羽根のように。  かすかな風のように。  触れては離れ、寝顔を確認し、また触れ合わせていく。何度も、何度も。 「はぁ……」  どうしようか? 「やばいな。止まれない」  なんだ、コイツ。唇、ぷるんぷるんじゃないか。なんで、こんなに柔らかいんだ?  おまけに、唇を重ねながら至近距離で見る寝顔が、どうしてこんなに色っぽい? 「んぁ、ん……土岐ぃ……ふふっ……」  確実に寝てるのに、寝息や寝言までもが、なんでこんなに可愛らしいんだよ。  なんなんだ、お前。 「堪らない」  止められないじゃないか。 「まだ、起きないよな?」  武田に口づけるために、俺も同じように平台のベンチに乗り上げ、その身体の横に片肘をついている。  そうして唇を重ねていたわけだが、空いていたもう片方の手を伸ばしてみることにする。  沸々とわき起こる悪戯心を抑えきれなくて。 「起きるなよ?」  ユニフォームの胸元。まだ触れたことのないその部分へと。 ――ぴくんっ  なだらかな胸元に指先だけを乗せ、身体のラインに沿って撫でおろした、その時。 「……っぁ……ん」 「……っ。なんだ、その声」  武田の身体がぴくんっと跳ね、口元から可愛らしくも悩ましい声が漏れた。  ユニフォーム越しに触れた、胸元の一点。  滑らせていた指の腹に、最初ふにっと柔らかく触れた粒。  胸元のラインに埋もれていたそこに触れた時に漏れ出た声。その悩ましさに、俺の中の何かが顕著に反応する。 「ここ、か?」  ここ、気持ちいい? 感じてるのか?

ともだちにシェアしよう!