14 / 15

第14話

「バーディン、すまない」 「……え?」 「嫌なら蹴飛ばしてくれ」  その言葉の意味を理解する前に、足首を掴まれ持ち上げられる。体を折りたたまれるように秘部を晒すような格好になったバーディンは息を飲んだ。自分の格好よりもリオラムが荒い呼吸を繰り返し、劣情した目を向ける方が気になる。いつも浮かべている余裕の笑みはどこにもない。リオラムは衣服の下からそそり勃つ陰茎を出すとその先端をバーディンの秘部に押し当てた。 「リオラム様……待って……待っ……あっ……、ヒ……」  指とは比べ物にならない質量が体内に押し入ってくる。指で慣らされたとはいえ、本来とは違う使われ方に後孔が限界まで開いて悲鳴をあげていた。 (あ……裂ける……)  恐ろしさに小さく体が震える。足首を掴んでいた手が離され、ゆっくりと手のひらに重なる。 「バーディン……」  優しい声色とともに唇を奪われた。舌をゆっくり擦り合わせるような優しいキスだった。その間もリオラムはゆっくりと腰を進めていく。バーディンが飲み込んだ彼自身は指が届かない場所に深い場所へと潜っていく。未開の場所を無理に開かれる感覚にバーディンは呻いた。 「ん……んんぅ……」 「動くよ」  深く深く潜り込んだ後、ようやく動きが止まったと思った瞬間、一気にギリギリまで引き抜かれる。 「うぐぅッ♡♡」  内臓ごと引きずり出されるような衝撃だった。しかしその衝撃がまだ終わらぬうちに腰を打ち付けられる。水音の潰されるような音と皮膚がぶつかる乾いた音と共に抽送が繰り返される。 「あぁっ、うあぁっ、ひあぁっ……♡♡」  入り口付近の内壁を擦られると足の先まで電流が走るような快感に無意識にリオラムを締め付けてしまう。上にのしかかるリオラムが真っ赤な顔をして息を詰まらせる。彼の額に浮かんだ汗がバーディンの頰に落ちて、己の汗と混じって垂れる。 「……く……ふ……」 (私は……リオ様と……セックスしているのか……)  そう自覚した瞬間、身体の底から激しい感情が湧き上がった。あのリオラムが自分を抱いている。決して手が届かないと思っていた彼が今だけは自分だけのものなのだ。それに気づいた瞬間、バーディンは嬉しさで胸がいっぱいになった。 「アァァッ、リオ……様……リオ様ぁぁ!」  熱い杭を打ち込まれる度に思考が飛びそうになるほどの衝撃と快楽。繋いだ手は汗ばんでびしょ濡れだ。二人は汗だくになって絡み合った。 「イく……イく……! またイきそう……です……ぁあ゛あ゛ぁッ♡♡」 「バーディン……バーディン……愛してるよ」 「リオ様ぁ! 私も……ずっと、愛してます」  バーディンは両手足で主人の体を引き寄せると潰れるほど強く抱きしめた。バーディンの中でリオラムが一際大きく脈打った。体内で欲望を吐き出されるのを感じながら、バーディンは二度目の絶頂を迎えた。

ともだちにシェアしよう!