82 / 86

82 下腹 *R-18

  「雄一郎」  は、と熱い息が頬に吹きかかってくる。視線を向けると、切羽詰まった表情でノアが雄一郎を見下ろしていた。スカートの裾から、ガチガチに勃起した陰茎が取り出される。可愛らしい少女のスカートから雄の象徴が生えているという光景は、ひどく滑稽でグロテスクに思えた。  その光景に怯んだ瞬間、窄まった後孔から三本の指が一気に引き抜かれた。 「ッ、あ!」  強烈な排泄感に、素っ頓狂な声が咽喉から漏れ出る。目を白黒させているうちに、ノアに掴まれた腕を引っ張られた。上半身を起こされて、唸るように言われる。 「雄一郎、立ってそこに手ぇ付いて」  獲物に噛みつく直前の獣のような、飢えを滲ませた声音に、ほとんど思考停止状態のまま従う。ふらふらと立ち上がると、促されるままに岩場へと両手を付いた。同時に、ぐいっと腰を掴まれる。 「もっと、腰を下ろして」  引き下げられるままに腰を落としていく。両足を広げて尻だけを突き出すような態勢に、頬がますます熱くなるのを感じた。  羞恥に耐えるように奥歯を噛みしめた瞬間、後孔にグッと熱いものが押し付けられた。あ、と小さく声を漏らすのと同時に、熱いものが腹の中へと押し込まれていく。 「ん、ぐッ……ぅ!」  ずっ、ずっ、とゆっくりとした速度で、張り出した亀頭が体内の奥へと潜り込んでくる。幹にくっきりと浮き上がった裏筋が腹の内側を擦り上げていく感触に、背筋がぞくぞくと戦慄く。太い陰茎に押しつぶされて、中に入っていた果肉が更に、ぷちゅ、ぷちゅと音を立てて潰れていくのが分かった。  根本まで埋まった頃には、全身から薄っすらと汗が滲んでいた。スカートの柔らかな生地が尻に当たっている。腹の中はパンパンで、中で太く熱いものが生々しく脈動しているのを感じた。 「ゆっくり、動くから」  その声の直後、緩やかな律動が始まった。中程まで引き抜かれて、再び根本までゆっくりと押し込まれる。奥まで潜り込んでくる度に、先っぽが行き止まりにブチュッとキスしてきて、その微電流のような快感に内股がぶるぶると震えた。  雄一郎がそこが弱いことに気付いたのか、何度も執拗に奥ばかりを嬲られる。先端をぐぐぐっと更に奥まで潜り込みそうなぐらいキツく深く押し付けられたり、そのままほぐすように円を描くように腰を回されると堪らなかった。 「あ、あ、ぁ……ッ」  ねっとりと下腹部にまとわりつくような快感に、掠れた声が漏れる。 「雄一郎のなか、気持ちいい……」  快感に浸っているように、うっとりとしたノアの声が聞こえた。その声が聞こえた直後、ぷちゅぷちゅと音を立てて奥を小刻みに突き上げられ始めた。早く、短いストロークで、陰茎の先端が行き止まりへと叩きつけられる。 「ゃ、ッ……そ、こっ……だめ、ダメっ、……だ……っ!」  弱いところを連続して突き上げられて、腰が悶えるように揺れる。だが、逃れようとする腰へとノアの指先がキツく食い込んできた。同時に、ずるるっと一気に陰茎が先端まで引き抜かれる。 「ひ、ッ……あ、あぁッ!」  先っぽまで抜かれた陰茎が次の瞬間、バツンと鋭い音を立てて根本まで叩き込まれた。その衝撃に、唇から甲高い悲鳴が溢れる。慌てて片手で唇を押さえた直後、激しい律動が始まった。 「んぐ、ンンぅ、ヴ……!」  ノアの陰茎が腹の中を行き来する度に、大きなカリ首が膨らんだ前立腺をゴリゴリと擦り上げる。太い裏筋と張り出したカリ首によって前立腺が蹂躙されて、限界まで広がった後孔がキュウキュウと更に締め付けをキツくする。  そのまま、ぐぽぐぽと遠慮のない抜き差しが繰り返される。根本まで叩きつけられる度に、行き止まりだと思っていた場所が口を開いて、ノアの先っぽにしゃぶり付こうとしているのが自分でも分かる。まるで精液をねだっているかのような体内の蠢きに、ノアが甘い吐息を漏らした。 「すごい、先っぽに吸い付いてくる……」  そんなこといちいち言うなと怒鳴りつけてやりたいのに、唇から手のひらを外した瞬間にあられもない嬌声が漏れそうで何も言えない。 「ふ、ぅヴ、んんッ……!」  律動の度に、ちゅぼ、ちゅぼっ、と後孔から粘着質な音があがる。シャグリラの実で潤っていた体内に、ノアの大量の先走りが混ざり合ってグチャグチャに粘着いているのを感じた。 「ねぇ、雄一郎。もう、ここは子供できるようになってるのかな」  雄一郎の下腹部へと片手を添えながら、ノアがそんなことを呟いてくる。だが、そんなこと雄一郎に分かるわけがなかった。  分からないと答える代わりに、首を左右に打ち振る。途端、ガツンときつく陰茎が奥まで突き刺さってきた。 「ん、んんぅーー、ッッ!!」  行き止まりをくぐって、中までカリが潜り込んでくる衝撃に、陰茎からプシャッと透明な液体が飛び散った。岩場を濡らす液体を見て、ノアが小さく笑い声をあげる。 「また漏らしちゃったの?」  無邪気に笑う子供に怒鳴り返すだけの余裕もなく、雄一郎はかふかふと浅い呼吸を繰り返した。断続的に痙攣する雄一郎の背中へとノアが唇を押し付けて囁く。 「もっと漏らしていいよ」  空恐ろしいことが聞こえた気がする。問い返す間もなく、ノアがぐぽぐぽと奥をめがけて、激しい律動を再開させた。雄一郎の奥の奥まで陵辱するような、直線的な動きだ。 「んぁ、やぁ、っン、あぁあアッ!」  容赦のない突き上げに、声を抑えることすらできなかった。ガクガクと身体が揺れる。奥に先端がぐちゅっとハマり込む度に、先端から壊れたように潮が噴き出るのを感じた。先端からプシャッ、プシャッと断続的に噴き出る潮のせいで、寄り掛かっている岩場がびしゃびしゃに濡れていく。  イキッぱなしになっているのが自分でも分かる。上り詰めた快感が延々と続いているような感覚に、膝頭がガクガクと震えた。 「もっ……だッ、……ぁ、ぁアッ!」  もう立ってられないと訴えようとするのに、嬌声で言葉がかき消される。岩場に両腕でキツくしがみ付いた瞬間、一際強い突き上げでノアが根本まで入り込んできた。 「っ、ぁ……!」  ノアの掠れた声と同時に、奥に熱いものが注がれるのを感じた。びゅるびゅると勢いよく吐き出され、中をみっちりと満たしていく。 「ひッ、あ、ぁアっ……」  陰茎すら届かない奥まで潜り込んでくる熱い液体を感じた瞬間、もう感覚のない鈴口からだらだらと白濁が漏れるのを感じた。勢いはなく、開かれっぱなしの鈴口から竿へと精液がとろとろと伝って、地面へと落ちていく。  根本まで突っ込んだまま、吐き出した精液をそれでも奥へと押し込むようにノアが腰をグッグッと何度も突き上げる。後を引く快感に、ひくっ、ひくっ、と全身が痙攣した。  射精が終わると、根本まで埋まっていた陰茎がゆっくりと引き抜かれた。途端、腰が抜けて、雄一郎はその場にへたり込んだ。  一番奥に吐き出されたせいか、ノアの精液は後孔から溢れ出て来なかった。腹の奥にたぷたぷと溜まっているのを感じる。  地面に座り込んだまま荒い呼吸を繰り返していると、背後からそっと下顎を掴まれた。顔をねじ曲げられて、そのまま唇が重なってくる。唾液がたまった咥内を遠慮なくねぶられて、舌を好き勝手に絡められた。 「ふっ……んんッ……」  口付けされたまま、ノアの手のひらが雄一郎の下腹へと這わされる。まるでそこに生まれるものを温めるように手のひらを添えられて、ひくりと下腹部が震えた。  唇が離れる。ノアは目を細めて、祈るような声で囁いた。 「早く、雄一郎と僕の子供ができればいいのに」  待ち遠しいと言わんばかりのノアの言葉に、雄一郎は荒い呼吸を漏らしながら曖昧に唇を引き攣らせた。 「……お前、その格好で言う台詞じゃねぇぞ……」  美少女姿のノアは一瞬きょとんと首を傾げた後、自分の格好を改めて思い出したのか、顔を真っ赤にして素っ頓狂な声をあげた。 「着ろって言ったの雄一郎だろぉ!」  

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

リア充大学生×コミュ障オタク
7リアクション
1話 / 1,078文字 / 32
2017/5/6 更新
R18 愛した人には哀しい秘密があったー。数学教師とバスケ部エースの不器用な恋愛。
615リアクション
110話 / 93,836文字 / 153
2018/2/22 更新
毎朝ココアを頼みに来る少年が気になる店員と毎朝ココアを買いに行く店の店員が気になる高校生の一週間
144リアクション
15話 / 15,560文字 / 204
2017/12/25 更新
15リアクション
6話 / 7,723文字 / 40
2018/1/22 更新
彼は第三金曜日に俺を買う
24リアクション
2話 / 3,064文字 / 80
2018/11/6 更新
twitterのお題参加などの短編を載せていきます
1話 / 973文字 / 0
9/20 更新