目次

30話 / 51,802文字 / 0
第1話 カップリングパーティーのサクラを頼まれたわけだが
第2話 上司がいるなんて聞いてないし「この後どう?」じゃない
第3話 こんなお店初めて〜♡なんて言わないからな?
第4話 目が覚めたらイケメン上司とベッドインしていた
第5話 5.太いのでゴリゴリして、なんて言う奴いないと思っていた時期が私にもありました
第6話 6.本気で口説くのやめろーーー
第7話 目が覚めたら美味い朝食で黙らされる俺
第8話 買い物て、そういうこと??
第9話 まんまと餌付けされる俺
第10話 ハイいつものやつきたーー
第11話 これがオフィスラブってやつですか。違うそうじゃない。
第12話 そんなものに俺が釣られるとでも思ったんですか?
第13話 色んな意味の肉欲に溺れて
第14話 俺はこれを期に課長離れを決意する。
第15話 なんで俺が振られた気分になんなきゃなんねーんだよ
第16話 別にショックなんて受けてねえ
第17話 なぜ俺がお仕置きをされなければならないのか。
第18話 お仕置きタイムからの勘違いラブえっち♡
第19話 たちの悪いドッキリだな?
第20話 勘違いクソ野郎は俺だったと判明
第21話 恋人ごっこの終わりと後輩の誘い
第22話 何を知ってるんだ?こいつは
第23話 お前にモテてもな
第24話 女の好みが似ている北山に騙される俺
第25話 イケメン上司の料理が恋しくなり無事敗北
第26話 パーティー参加者からのクレームが入った件について
第27話 ストーカー怖い
第28話 謝罪からのお仕置きタイム
第29話 好きって言ったら愛された
第30話 元サクラの俺、鬼上司と相思相愛になってしまう