目次

51話 / 133,338文字 / 0
【第1章 うさみみモード】第1話 動物病院の院長先生
第2話 ゴスロリ
第3話 エンカウント
第4話 眩暈
第5話 先送りの感情
第6話 サキュバス
第7話 雨に濡れたピアス
第8話 絡まる糸
第9話 捕食者
第10話 澱
第11話 解離
第12話 やむを得ない事情
第13話 氷解
番外編 玉繭
【第2章 水の温度】第1話 百合の花
第2話 双子のような何か
第3話 確信犯の痕跡
5
第4話 いびつな関係
第5話 消し去りたい過去
第6話 折れた爪
第7話 トライアングル
第8話 不機嫌と自己嫌悪
第9話 欲しかったもの
第10話 混線
第11話 一時間後の約束
第12話 溶けたアイス
1
第13話 血の鎖
第14話 水の温度
番外編 柴田くんのおしおき
2
【第3章 セルリアンブルー】第1話 後ろめたい帰省
第2話 ブラコンの姉
第3話 延期された日程
第4話 体の記憶
第5話 せめて良い夢を
第6話 微妙に噛み合わない会話
第7話 不自然な妥協
第8話 記憶の空白
第9話 ライブの後で
第10話 大人の男
第11話 セルリアンブルーの鳥篭
第12話 三人目
第13話 セカンダリ
第14話 大事な話
第15話 恋
第16話 あの時の空の青
第17話 現状打破
第18話 改竄された記憶
第19話 隠し事
第20話 帰還
第21話 別離

他の作品


イラスト

イラストはまだありません。
最初のイラストを投稿しましょう!


レビュー

複雑な事情を抱えた二人の執着地点
【暗い過去を抱える彼と、人格をいくつも持つ主人公】 始まりは、女装をした自分に彼が惚れてしまったことだった。人間の人生とはとても不思議だ。それはきっと、小説もリアルも変わらないと思う。生活の中で、自分では気づかないうちに”分岐点”で沢山”選択”をしているに違いない。この物語の主人公は、心が弱かったため、辛いことから逃げてしまう癖がある。問題解決能力に少し欠けてはいたが、それを補う必要があった。だからこそ多人格を持つことになってしまった。多重人格などは、子供の時に虐待などを受けていると起きやすい症状であり、それは自分自身を守るためであると言われている。自分が知らないだけで、意外と身近なことなのかもしれない。 それに対し、暗い過去を抱える獣医の彼は病んでいながらも、表には出さない。もちろん軽々しく人に言えるようなことでもなく、一見大人に見える獣医さんだ。 【登場人物の魅力】 自分は申し訳ないが、この獣医さんに一番魅力を感じてしまった。主人公はとても危なっかしく、フラフラしているように感じるが、無理もない、各人格が別の相手を好きなのだから。自分の幸せと本能の狭間で揺れているようにも感じ、見ていてハラハラしてしまう。 一方獣医の彼は、”大人”というのもあるのかも知れないが、自分自身と真摯に向き合い、一つずつ着実に問題を打破しているように感じる。彼は初めの頃、男女に拘っており、自分の本心に不安を感じ、自分自身に言い訳してしていたが、相手を個として考えるようになり、悩む方向も変わっていく。多人格であっても彼は一人の人間であり、彼の中の人格も含め”愛している”という結論に到るまでが、とても丁寧に描かれており、彼の魅力が充分に伝わってくる。 【複雑な三角関係】 獣医の彼に比べ、恋のライバルである美大生は、かなり即物的である。若いからか、一人と向き合い共に人生を考えていくというのには向いてはいないように見える。しかし、それには理由がある。彼の事情についてはこの作品では書かれてはいないが、彼にそうさせてしまった人物が存在するのである。ただ彼は、性欲と独占欲が強く、この三角関係を複雑にしているのは否めない。 続編があったら是非、読んでみたいと感じる作品です。 お手に取られてみてはいかがでしょうか? 獣医さんに萌えます。おススメです。