目次

40話 / 33,246文字 / 0
登場人物
一話:『一本の電話』
二話:『抱っこしてお尻触りながらハスハスしたい』
『何を言う! 僕がスケベになるのは君にだけだ』
『強情な君も大好きだ。でも僕は君に関して遠慮しないから』
三話:『義兄が暴走する前兆らしい』
『会いたくないわけではない。むしろ会いたくてたまらない』
四話:『寂しくないなんて嘘だ』
『馬鹿みたいに振り回されている』
五話:『不安が膨らむ』
『嫌いな事と不要な事は同義ではありません』
『何が有った?』
六話:『笑顔で罵倒する様な間柄』
『門限より大事な物とは何だ』
七話:『それは如何いう流れだ』
『強硬手段』
『三人も居ながら何故このような結果に? 無能なのですか』
『隙が有れば喜々として付け込む男』
八話:『拒んだから拗ねて人質をとった』
『相手がいなくては恋は出来ませんから』
『淫らな人間に見えると言うなら貴方を殺します』
九話:『例え天の川が氾濫しても』
十話:『非紳士的な男だと証明済み』
『早く寝たら明日が早く来る気がする』『それは錯覚だ』
『言い訳は一切聞かない。首を洗って待ってろ』
十一話:『さてはこの男、唯のイエスマンか』
『貴方と心中する気もない』
十二話:『誰だ、いま十字をきったのは』
十三話:『心が、此処ではないどこかに旅立ちかけていた』
十四話:『捕まえられるものなら、捕まえてごらんなさい』
十五話:『発炎筒を使うのは初めてです』
十六話:『想像を絶するほど酷かった』
『蜂の巣をつついたような騒ぎ』
十七話:『おい、眼鏡ども何故だ? 何故車で乗りこんでくるんだっ?』
『私めが天誅を下しました!』
『唯一まともそうなお前が頼りなんだ。』
十八話:『こいつら三人の眼鏡を無性に叩き割りたい』
『運転免許を停止するも何も、今現在無免許だもの』
十九話:『懐かしい香り』
『状況を説明してくれないか』